経済知識ゼロの兼業トレーダーがファンダメンタルズ分析を使って

年利10%~20%を目指すブログ

RECOMMEND

NEW ENTRY

東京休場で流動性低下、リスク要因に注意! 「8月10日の注目点とイベントスケジュール」

  本日は日本とシンガポールが休日で取引量は激減。 欧米市場が始まるまでは不安定な値動きが続きそう。 中国ではCPI(消費者物価指数)が発表されるが、予想と結果がとてつもなく乖離しない限りは、材料視されないと思 …続きを読む

お盆休みで流動性低下に要注意! 「8月10日週の注目点とイベントスケジュール」

  月曜日は山の日で祝日、東京市場は休場です。 その後も週末はお盆ということもあり、大型連休をとる企業も少なくありません。 そのため、今週はかなり流動性が低下する可能性があります。   流動性が低下す …続きを読む

8月3日~8日を振り返り、気になったニュース

・日英閣僚、貿易交渉大詰め-7日まで、自動車と農産品焦点 http://news-digest.co.uk/news/news/uk-news/20344-2020-08-07.html ・日英貿易交渉が実質合意、企業活 …続きを読む

8月7日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・エリス豪準備銀行(RBA)総裁補佐やRBA四半期金融政策報告で経済見通しに対する悲観的な見解 ・トランプ米大統領がカナダから輸入しているアルミニウムの一部に10%の追加関税を …続きを読む

期待感高まる米雇用統計発表! 「8月7日の注目点とイベントスケジュール」

  本日は雇用統計を控えていることから、東京市場は様子見で閑散相場が予想されます。 欧米ではすでに夏休み入り、日本も明日から3連休ということでお盆休みに入るのではないかと思われます。   夏休みに入り …続きを読む

8月6日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・英中銀金融政策委員会(MPC)は政策金利を0.10%、MPC資産買取プログラムを7450億ポンドで予想通り据え置き ・議事要旨では「0.10%への据え置きは全会一致」「資産購 …続きを読む

Super Thursday(BOE金融政策発表)に注目! 「8月6日の注目点とイベントスケジュール」

  昨日のレバノン・ベイルートの爆発は、事故との報道が多くみられます。 完全にテロの可能性がなくなったわけではありませんが、一旦は事故として落ち着きそうな雰囲気です。   また、昨日トランプ大統領の発 …続きを読む

8月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・4-6月期NZ雇用統計が予想より強い結果となったことを受けNZドル米ドルは一時0.6649米ドルまで上昇 ・7月のユーロ圏・独・仏・英のサービス業PMI・改定値は軒並み速報値 …続きを読む

米指標に要注目! 「8月5日の注目点とイベントスケジュール」

  米中関係やコロナの感染者数などリスク要因もあり、安全資産の金価格が上昇し高値更新2020ドルを記録しました。   リスク要因になるのか、レバノン・ベイルートで大規模な爆発とのヘッドライン。 テロな …続きを読む

8月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

  ◎昨日の注目点   ・豪準備銀行(RBA)は政策金利を0.25%、YCC(イールドカーブ・コントロール)目標値を据え置くと発表 ・オフショアのスワップ市場でリラ翌日物金利が1000%超えまで急騰し …続きを読む