いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

カナダ中銀(BOC)理事会に向けて

9月06日(水曜日)に政策金利の発表があります。 前回のBOC理事会で利上げに踏み切ったカナダ中銀。 前回については以下をご覧ください。  

カナダ中銀0.25%政策金利利上げについて

引き締めと緩和で別れた各中銀について

前回の声明で、今後の利上げについては指標次第と言っていたので、注目指標を比べてみました。 GDP 04カナダGDP 消費者物価指数 04カナダ消費者物価指数 小売売上高 04カナダ小売売上高 雇用者数増減 04雇用者数増減 失業率 04カナダ失業率 新築住宅価格指数 04カナダ新築住宅価格指数 (investing.com参照) 経済指標は悪くない結果が出ているように見えますが、ほとんどの指標が、6月・7月の結果です。 7月に利上げをしているので、正確な状況を見極めるためには8月の経済指標結果を見る必要があると思います。 また、前回の利上げの要因となった住宅価格の高騰は一旦暴落した後に、また上昇してきているようです。 では、今回の理事会について考えると、現在のコンセンサスは、0.75%据え置きです。 ただ、一部エコノミストが0.25%の利上げを予想しています。 色々な証券会社や経済指標カレンダー等を見ていくと、数社のカレンダーで0.5%利下げ予想を出しているところもありました。 以上を踏まえると、基本的には据え置きで、声明文で今後の見通し次第でカナダドルの売り買いを考える。 サプライズで、利上げ・利下げがあれば、利上げならばカナダドルを買い、利下げならばカナダドルを売りで、200pips~500pipsくらい狙っていけるのではないかと思っています。 戦略については、あくまで個人的なものなので、あくまで参考までに、、、  

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す