ドット・フランク法について

TOP > 新着記事一覧 > ドット・フランク法について

2017年12月27日

ドット・フランク法について

記事を書いた人:岡ちゃんマン

ドット・フランク法とは2010年07月に制定された金融規制改革法のことで、立法の中心となったバーニー・フランク下院金融委員長とクリス・ドット上院銀行委員長の2名の名前を冠して名付けられました。

ドット・フランク法は金融機関がリスクのある取引を規制したり(ボルカー・ルール)、破綻の際のルールを決めたり、監視機関を設置したりと2200ページにも及ぶ膨大な消費者保護のための法律です。

2008年のリーマンショックを引き起こした原因の一つに、金融機関の放漫経営にあるといわれています。

オバマ政権時に金融・経済危機の再発防止のためにドット・フランク法が制定されました。

ただ、金融機関としてはルールや監視のため経営面で大きな足かせとなり不評です。

今回トランプ大統領は金融機関のため?(オバマ大統領が嫌いなので、オバマ政権のレガシーであるこの法案を潰すため?)ドット・フランク法の規制緩和に動いています。

 

新FRB副議長ランダル・クオールズについて

 

RECOMMEND