いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

ポンド大嵐の予感・・・Brexit案批准、歴史に残る1週間になるのか!?

 

英国と欧州の間でBrexit案が決まり、大詰めに近づいています。

 

 

 

これから、メイ首相は英国議会で批准作業が待っています。

議会でBrexit案を審議するとともに、メイ首相は各方面に説明して回っています。

 

 

 

 

◎今週のBrexitタイムスケジュール

 

◆  4日 9:15~ (日本時間 18:15~)

「Brexit離脱シナリオと金融政策/安定に関する報告書」について議会証言

カーニー総裁・ブロードベント副総裁(金融政策担当)・カンリフ副総裁(金融安定担当)・ウッド金融監督機構副総裁

 

◆  4日、5日、6日、10日、11日

英議会(下院)で審議

 

◆  9日

Brexit案についてTV討論会

 

◆  11日 19:00~20:30頃 (日本時間12日4:00~5:30頃)

Brexit案採決

 

◆  13日、14日

EU首脳会議

 

 

◎Bloombergのアンケート調査

 

  • 12月11日に実施される英議会での採決結果

  ・Brexit法案は否決(不支持)の可能性 55%
  ・Brexit法案は可決(支持)の可能性 45%

  • ポンド/ドルの予想
    ・否決(不支持)の場合2500ドル
    ・可決(支持)の場合 1.3400ドル

 

  • 合意なき離脱の場合1.1700ドル

 

 

11日の採決の結果、Brexit案を批准できれば、、、

13日14日のEUサミットで最終合意。

2019年3月29日離脱

 

 

11日の採決の結果、Brexit修正案で批准となると、、、

13日14日のEUサミットで修正案を提示。

EUサミットで修正案が認められれば、修正案に基づき離脱。

ただし、EUは修正案を認めないと言っている。

 

 

11日の採決の結果、否決されれば、、、

どうなるかわかりません。

 

 

1番に思いつくのは、合意なき離脱。

EUとの合意案は白紙、移行期間も設けずに即 or 3月29日に離脱。 

 

他には、再交渉、再度国民投票、解散総選挙、etc、、、

どれも、問題を抱えており実行は難しいと思われます。

結果、合意なき離脱になる可能性が高くなります。

 

ただ、EU側は、不可解!? 意味深な発言をしています。

 

トゥスクEU大統領

「もし英議会が提案を拒否したら、選択は合意なしかブレグジットなしになる」

 

合意なしかブレグジットなし??

 

ブレグジットなしとは、英国がEUから離脱しないということか!?

と考えてしまいます。

 

今週は、Brexit最大の山場です!

 

それだけ、ちょっとした発言でポンドは大荒れすると思われます。

また、歴史的な1週間になるかもしれません。

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

2 Replies to “ポンド大嵐の予感・・・Brexit案批准、歴史に残る1週間になるのか!?”

コメントを残す