年末直前、パウエルFRB議長解任⁉ ~12月24日週の注目点とスケジュール~

TOP > 新着記事一覧 > 年末直前、パウエルFRB議長解任⁉ ~12月24日週の注目点とスケジュール~

2018年12月22日

年末直前、パウエルFRB議長解任⁉ ~12月24日週の注目点とスケジュール~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎今週の注目点

 

1)政府一部機関が閉鎖とパウエルFRB議長の解任検討

先週末、トランプ大統領と上院議会の予算案で折り合いがつかず、暫定予算可決できず。 週末から政府一部機関が閉鎖となっています。 週明けどの段階で予算案に合意できるかに注目です。

また、トランプ大統領は、パウエルFRB議長の解任を検討という驚きの情報が出てきました。 詳しい内容は確認できていませんが、もし本当ならば大変なことです。 FRB議長就任には議会承認が必要なので、トランプ大統領の都合の良い人をかってにつれてくることは出来ませんが、やっていることが問題です。 トルコのエルドアン大統領が中央銀行(TCMB)に圧力をかけて、利上げが遅れたことでトルコリラが大幅に売られたことがありました。 今回の件は、それと同じ中央銀行の独立性の問題です。 続報に注意したいと思います。

 

2)株価暴落の予感

前後の上下の動きで縮尺が違うから分かりにくいが、、、

リーマンショックの時の12週間の下落幅と、最近の12週間の下落幅、ほとんど変わらない。

ということは、最近の株安は「○○ショック」と名付けてもいいのでは!?

VIX指数も大台30を超えて引けてるし・・・#fx pic.twitter.com/HJV1L2obnk

— 岡ちゃんマン (@jn6gtz) 2018年12月22日

 

上記のツイートのように、リーマンショックの時の株価下落に引けを取らない状況になってきています。 日経先物は20,000円を割り込んで週末引けてます。 年末にかけて、取引高・相場参加者が激減する中で盛り返せるか注目です。

 

 

 

◎今週のイベントスケジュール

 

12/24(月曜日)

欧米クリスマス休暇
日・天皇誕生日

12/25(火曜日)

欧米クリスマス休暇

02:00 USD 2年債入札

12/26(水曜日)

08:50 JPY 金融政策決定会合議事録
13:00 JPY 黒田日銀総裁発言

12/27(木曜日)

00:00 USD リッチモンド連銀製造業指数
03:00 USD 5年債入札
18:00 EUR ECBマンスリーレポート

12/28(金曜日)

00:00 USD 消費者信頼感指数
03:00 USD 7年債入札
08:50 JPY 日銀金融政策決定会合、主な意見
17:00 EUR スペインHICP(消費者物価指数)
22:00 EUR ドイツHICP(消費者物価指数)
22:30 USD 貿易収支

12/29(土曜日)

01:00 USD 原油在庫量
03:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント

 

 

RECOMMEND