引き締めと緩和で別れた各中銀について②

TOP > 新着記事一覧 > 引き締めと緩和で別れた各中銀について②

2017年12月27日

引き締めと緩和で別れた各中銀について②

記事を書いた人:岡ちゃんマン

欧州中央銀行(ECB)

7月20日金融政策発表 → 現状維持

コンセンサス通り現状維持でしたが、注目はドラギ総裁の記者会見でした。

ハト派的な内容に終始しましたが、ユーロは大きく上昇しました。

20ECB理事会ユーロ円チャート

この発言に反応したのではないかと思います。

秋に議論を開始する

前後の文面では、「テーパリングについては議論はしていない。必要があれば追加の緩和もある」

とも言ってはいるのですが、、、

市場参加者はドラギ総裁のハト発言は織り込み済みで、ユーロ買いの材料を探していたのではないかと思います

秋にということは、ジャクソンホール9月のECB理事会に注目が集まるのではないかと思います。

こちらに、日銀・カナダ中銀・オーストラリア中銀については前回まとめています↓

 

引き締めと緩和で別れた各中銀について

 

 

RECOMMEND