いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

日銀金融政策決定会合における主な意見(7月30-31日分)

日銀金融政策決定会合における主な意見(7月30-31日分) 「消費者物価(除く生鮮食品)の前年比は、緩やかにプラス幅の拡大を続けていくとみられる。しかし、その動きは弱く、かつ不安定であるため、2%に達するには暫く時間がかかると見込まれる」 「現行の政策のもとでは、インフレ率が2%に向けて徐々に上昇率を高めていく可能性は低い。」 「『物価安定の目標』の実現に向けた揺るぎない姿勢への信認を確保するため、政策金利のフォワードガイダンスを導入し、目標実現に対するコミットメントを強化すべきである」 「新たなフォワードガイダンスの導入によって、金融緩和の枠組みを一層強化することはきわめて重要である」 長期金利の変動幅については、『イールドカーブ・コントロール』導入後の金利変動幅、概ね±0.1%の幅から、上下その倍程度に変動しうることを念頭に置くことが適切である   内容については、今までとほぼ変わりはないが、物価2%目標の達成時期が削除されたこと、”YCC”の金利変動幅が変更された。   今日は、内容が発表されたことにサプライズはなくほぼ反応なし! それよりも、仲値買いあがりのほうが大きく反応! USD/JPY 1分足チャート   日10年債利回りも”0.11%”付近で安定。   日10年債利回りチャート     次回も金融政策に変更がなければ、日銀無風通過が戻ってくるように思います。  

■やる気になりますので、応援お願いします!

One Reply to “日銀金融政策決定会合における主な意見(7月30-31日分)”

コメントを残す