いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

経済指標トレードの考え方

トレードの考え方 勝つために必要なもの! 1)方向性(上昇or下落) 2)決済タイミング 以上の2つが判れば勝てるのではないか⁉ 考えた結果、、、経済指標発表時の値動きに規則性があるのではないか⁉ ということで、経済指標発表について研究・検証することにした。 1)方向性(上昇or下降)について 研究の結果、経済指標発表時は指標結果に素直に動く可能性が高いことが判った。 ただ、、、いい結果が出るかどうか⁉ が大事ではなかった。 大事なのは、予想値と結果の乖離が大事だった。。。 例)米雇用統計(非農業部門新規雇用者数)の結果が20万人だった。 結果だけを見れば、新規雇用者が20万人もいるということで、米経済は好調なように見える。 米経済が好調! → 「USD(ドル)買い」、、、とは必ずしもならない。 予想値が25万人なのに、結果が20万人であれば、、、 → 予想よりも結果が悪いということで「USD(ドル)売り」 予想値が15万人で、結果が20万人であれば、、、 → 予想よりも結果が良いということで「USD(ドル)買い」 というように、結果は同じだが予想値が違うだけで方向性(上昇or下降)が変わってくる! ほとんどの場合、指標に対する予想値が発表された段階で織り込みが始まって、指標発表直前までに予想値を織り込んだレートになっている。 なので結果が予想値とずれると、レートも結果に追いつこうとする。 ということで、方向性が高確率でわかる!と考えた。 2)決済タイミングについて 決済タイミングを知るためには、、、 ・どれくらい(時間)で動くのか⁉ ・どのくらい(何pipsくらい)伸びるのか⁉ 以上2点が判れば、決済タイミングが判るのではないかと考えた。 ともにいえることは、指標に対する注目度が関係している。 注目度が高ければ、多くの人(大きな金額)が同時に動くので瞬間的にレートも動いてしまう。 また、大きく動いてしまう。 どのくらい伸びるか⁉については、予想値と結果の乖離が大きければ伸びは大きくなる傾向がある。 ただ、注意しなくてはいけないのが、予想値の信頼性です。 ほとんど予想と結果がずれることがない指標だと、少しずれるだけで大きく反応してしまう。 逆に、普段から予想と結果がずれやすい指標では、多少ずれても反応は薄い。 なので、後者の場合は大きな乖離が出ないと反応が出ない。 実際に経済指標発表でトレードにはどうするのか⁉ 注目度が高く、大きく反応する指標を探す。 → 指標を分析する。 ・乖離が出やすいのか? ・どれくらいの乖離がでると反応するのか? ・乖離に対して、どのくらい動くのか? → 戦略を考える。 ・エントリーする乖離と方向性を考える。 ・決済するレート(pips)を想定する。 ・決済するタイミング(時間)を考える。 → 指標発表を待って、乖離が出た場合はトレードをする。 なので、過去の指標結果と値動きを研究していくことが大事になってきます。 そのために、トレードの記録は重要です。 このブログは、そんなトレード戦略や結果を記録していますので、今後のトレードの参考や自分のトレードの比較に使ってもらえたらと思います。 これからも、もっと研究していきたいと思います。 ご意見・ご要望・情報・ご自身のトレードとの比較結果などありましたら、どんどんコメントお待ちしています。 これからも、よろしくお願いします。

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら