英国政策金利発表を控えて強すぎるCPI

TOP > 新着記事一覧 > 英国政策金利発表を控えて強すぎるCPI

2017年12月29日

英国政策金利発表を控えて強すぎるCPI

記事を書いた人:岡ちゃんマン

14日に英国政策金利発表を控えて発表された経済指標が、軒並み強い結果となった。

 

12英国指標

 

なかでも1番の注目点はズバリ、消費者物価指数(前年比)ではないかと思います。

前回のSuper Thursdayでは、利上げになるか?誰が利上げに投票するのか?

注目が集まっていました。

 

8月「Super Thursday」について④


結果は、利上げ票を投じたのはマカファーティー外部理事ソーンダース外部理事の2名でした。

直前まで、カーニーBOE総裁やホールデン主席エコノミストの2名も、利上げに積極的な姿勢をとっていました。

なぜ利上げに投票しなかったのか、、、

Super Thursday直前に発表されたCPI(消費者物価指数)が、思ったよりも弱かったからではないかと思います。

 

ポンド下落と消費者物価指数について

 

そのCPI(消費者物価指数)が9月政策金利発表を目前に控えて、とても強い結果となりました

 

12英CPI

 

今回CPIが2.9%になったということは、また英国中銀の許容範囲を超えたということになります。

明日発表の平均所得に注目が集まります。

14日の政策金利発表と投票配分が、とても楽しみになってきました。

注目点については、次回まとめたいと思います。

RECOMMEND