高速スキャル リアル動画(23秒)メイ首相不信任投票時

TOP > 新着記事一覧 > 高速スキャル リアル動画(23秒)メイ首相不信任投票時

2018年12月18日

高速スキャル リアル動画(23秒)メイ首相不信任投票時

記事を書いた人:川ちゃん

こんにちは川ちゃんです。
今回は高速スキャルのチャンスがあったのでやってみました。

23秒の短い動画ですので見てくださいね!!ズームにしないと見にくいですが、画面の上方に残高が出ています。エントリーから決済までが2秒くらいの一瞬のトレードです。

12月13日午前6時 メイ首相 不信任案 結果発表時 動画

 

 

経済指標発表時は大きく動くこともあり、時間が決まっているのでやりやすいです。今回のように、大きく動く可能性は大でも時間がはっきりと決まってない場合は、高速スキャルのアルゴリズムを稼働させます。その時の動画です。残念ながら、プログラマーさんの意向でプログラムの具体的な動きまでは公開できませんが、値動きや、エントリータイミングの感じはつかめると思います。値動きと残高の変化だけ見えるようにしています。このシステムは、相場の急変動時に反応するアルゴリズムです。

 

時は12月13日午前6時です。英国のEU離脱に関して、「合意なき離脱」となるか?合意しての離脱となるか?面白い状況です。どちらにしても2019年3月までに大きく動くタイミングがありそうです。

 

今回はメイ首相の不信任に関する投票が行われました。なぜこの投票がEU離脱に大きく関わるかというと、メイ氏は「合意しての離脱」をしたいと強く思っています。EUと揉めたくないのです。そこで不利な交渉内容でも合意しようとしてるのです。しかしながら、英国内の議員はそれに猛反発する勢力が強く、メイ首相自身の党内からも、反発をくらっています。今回の不信任投票で、もし可決(メイ首相不信任)となってれば、極めて「合意なき離脱」の可能性が高まるところでした。

 

結果的に、英保守党の信任投票は、メイ党首を支持200票、不支持117票で再任となりました。そこで動画にもあるように一瞬ポンドが買われたということです。もし、この時不信任だったら、一瞬で100PIPから200PIPは下落していたでしょう。

 

英国EU離脱関連記事はこちら
↓  ↓  ↓  ↓  ↓ 
英国議会の採決はポンド買いチャンス!? 採決とその後の流れについてまとめました!!(12月10日)

Brexit案関連(12月13日)

 

今後も状況は変わっていくので日々注視しています。

 

このように、大きなサプライズがある時を狙ってのトレードをイベントトレードと呼んでいます。3月までにまた、動きがあるのでしっかりと利益を取っていきたいと思っています。

 

12月13日 高速スキャル収支

プラス320、800円

RECOMMEND