11月02日「Super Thursday」の注目点とコンセンサスについて

TOP > 新着記事一覧 > 11月02日「Super Thursday」の注目点とコンセンサスについて

2017年10月28日

11月02日「Super Thursday」の注目点とコンセンサスについて

記事を書いた人:岡ちゃんマン


今回のSuper Thursdayでは、0.25%の利上げがコンセンサスとなっています。

利上げ確率は、6割から8割といったところです。

なので、据え置きがあればサプライズです‼

 

BOE金融政策委員会と「Super Thursday」について

 

注目は、投票配分で何票(誰が?)利上げ票が入るかと思われます。

利上げ票が多いほど、次回以降の継続利上げが期待できポンドの買い材料となると思われます。

投票配分の予想で1番多いのは、6:3です

多分、、、以下のようになるのではないかと思います。

 

01BOE利上げ6対3

 

もう1つの注目点は四半期インフレーションレポート記者会見です。

前回のインフレーションレポートでは、10月にCPIは3%になると書いてありましたが、実際CPIは3%になりました。

今回のインフレーションレポートで今後もCPIが上昇を続けると予想される場合には、継続利上げの可能性も、、、⁉

また、記者会見では今回の利上げの意味に注目です。

今回の利上げは、金利の正常化で今回限りの利上げなのか⁉

それとも、CPIやGDPが強い結果が出ているので、継続的に利上げを考えているのか⁉

大手銀行は後者の考え方が多いようです。

利上げの投票配分
四半期インフレーションレポート
記者会見での利上げの意味

以上の3点に注目して「Super Thursday」を迎えたいと思います。

 

RECOMMEND