いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

2018年06月11日週の注目材料

  06月11日(月曜日) シドニー市場休場 15:00 NOK ノルウェーCPI(消費者物価指数) 16:00 CZK チェコCPI(消費者物価指数) 16:00 TRY トルコGDP 17:30 GBP 鉱工業生産・貿易収支 20:00 GBP NIESR GDP予想 06月12日(火曜日) 米朝首脳会談(シンガポール) 02:00 USD 3年物・10年物国債入札 17:30 GBP 失業率・雇用者数増減・平均所得 21:30 USD 米CPI(消費者物価指数) 06月13日(水曜日) 02:00 USD 30年物国債入札 03:00 USD 財務諸表発表 09:30 AUD Westpac消費者信頼感 11:00 AUD ロウRBA総裁発言 17:30 GBP 英CPI(消費者物価指数) 18:00 EUR 雇用者数増減 21:30 USD 米PPI(生産者物価指数) 23:30 USD 原油在庫量 06月14日(木曜日) 03:00 USD FOMC政策金利・声明文発表・金利見通し 03:30 USD パウエルFRB議長記者会見 10:30 AUD 失業率・雇用者数増減 11:00 CNY 中国 鉱工業生産 12:30 AUD エリスRBA総裁補佐発言 16:30 SEK CPI(消費者物価指数) 17:30 GBP 小売売上高 20:45 EUR ECB理事会・政策金利発表 21:30 EUR ドラギECB総裁記者会見 21:30 USD 小売売上高 06月15日(金曜日) シンガポール休場 07:30 NZD 製造業PMI 12:00前後 JPY 金融政策決定会合・政策金利発表 15:30 JPY 日銀黒田総裁記者会見 17:00 EUR ノボトニー・オーストリア中銀総裁発言 18:00 EUR 欧州CPI(消費者物価指数) 23:00 USD ミシガン大消費者信頼感指数 06月16日(土曜日) 02:00 USD ベイカーヒューズ社リグカウント   ※赤文字は大きく動きそうなイベント ※   は指標トレード予定のイベントです。     最近は政治で為替が動くことが多いようです。 今週の政治は週末に行われているG7(G6プラスONE)! 貿易関連・関税関連の話題が中心ではないかと思います。 貿易戦争、関税が消費や生産コストに影響してくることで、株価や為替に影響が出てくると思われます。   また、最大の注目は米朝首脳会談がうまくいくかどうか⁉ 1回の首脳会談で、すべての話がまとまるとは思えませんが、何かとお騒がせな2人の会談です。 注目度はMAXです。     今週の最大の注目指標は、欧州です。 先週から、欧州・ECB関係の要人発言でタカ派発言が続き、ユーロは反発上昇を続けています。 14日にはECB理事会が予定されています。 9月で終了のQEが、延長されるのか⁉ 減額されるのか⁉ 終了するのか⁉ 市場関係者は注目しています。   見方も色々で、テーパリングが進めばユーロ買いにつながるという見方! ユーロ高が欧州経済の足かせになり、経済を冷え込ませユーロ売りにつながる! まだまだQEを希望する、イタリア等からEU離脱やユーロとは別通貨という声が上がってくる! などと、EU・ユーロにとって好材料・悪材料が入り混じっています。 それだけ注目度が高いイベントではないかと思います。   EUR/USD日足チャート     EUR/USD時間足チャート       今週はFOMCも開催されます。 今回会合での利上げ確率はほぼ100%! 注目は利上げよりも、声明文とドットチャートです。 現在、長期金利が3.0%に近く、年4回の利上げ期待度も上がってきています。 ドットチャート次第では、110円台を超え上昇トレンドが再開するのではないでしょうか?   USD/JPY日足チャート     USD/JPY時間足チャート       先週は、予想以上の利上げをしたトルコ中銀ですが、思ったよりもトルコリラ買いにはつながりませんでした。 今週のトルコの動きにも注目です。   USD/TRY日足チャート       USD/TRY時間足チャート         最近は各国の長期金利が注目されています。 記録比較のため、主要・注目の長期金利を載せています。   米10年債利回りチャート     イタリア10年債利回りチャート       スペイン10年債利回りチャート     英10年債利回りチャート     フランス10年債利回りチャート       ドイツ10年債利回りチャート     日10年債利回りチャート     カナダ10年債利回りチャート     オーストラリア10年債利回りチャート     ニュージーランド10年債利回りチャート       ギリシャ10年債利回りチャート       トルコ10年債利回りチャート       週末からの要人発言 トランプ米大統領(ツイート) 「トルドー加首相とマクロン仏大統領に、彼らは莫大な課税を課さなくてはいけないと伝えてくれ」 「欧州連合(EU)は1510億ドルの貿易黒字を得て、カナダは米国の農民を失業させている」 「トルドー加首相には憤りを感じる」 「加首相は米加関係について何年もの間の話を色々持ち出すが、カナダが米国産の乳製品に300%の課税していることは持ち出さない」 「(カナダは)米国の農民を傷つけ、米国の農業を殺している」 「ロシアのG8復帰を認めるべき」 アルトマイアー独経済相 「G7がどのように終わるかは誰も分からない」 ショルツ独財務相 「英・EU離脱が合意に至るか確証ない、企業は最悪のシナリオに備えなければならない」 トゥスクEU大統領 「G7サミットでの議論は難航が予想される」 「米国と他国は、イラン核合意に関して見解が異なる」 「米国にイラン核合意に戻るように強制できない」 「我々は、引き続き米国に国際秩序を乱すことは意味がないと説得する」 バルニエ英EU離脱・欧州委員会首席交渉官 「英国によるバックストップ措置(北アイルランドのみ関税同盟に残す)の英国全土への適用の要請は拒否する」 コンテ伊首相 「トランプ米大統領のロシアのG7復帰提案を支持する」 ビスコ伊中銀総裁 「いかなる政権も財政に与える限定的な政策しか取れない。そうでなければ崖から転落するリスクをもたらす。新政権は、身の丈に合わない財政措置を取るべきではない」 メイ英首相 「ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)交渉は簡単ではない 「トランプ米大統領とは幾つかの点で見解の相違があるが、英国と米国はこれまで成功裏に協力的同盟関係にあった」 G7当局筋 「合意に到達できず、G7声明公表できない可能性が高い」 サルビーニ伊副首相兼内相(同盟党首) 「北大西洋条約機構(NATO)に対して、難民・移民流入への対応を巡り支援を要請する」 メルケル独首相 「欧州連合(EU)加盟国は、ロシアのG7復帰への条件は整っていないとの見解で一致」 フリーランド加外務相 「(ツイッターでカナダに対して攻撃的なトランプ米大統領)サミットでの言葉には誠意ある」 「(G7声明公表について)高官が依然として取り組んでおり、困難な作業」 メイ英首相 「6月のEU首脳会議後、閣僚とブレグジット(英・EU離脱)に関して会談」 「EUサミット後に閣僚がブレグジット文書を仕上げる」  

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す