6月05日週の注目材料について

TOP > 新着記事一覧 > 6月05日週の注目材料について

2017年12月27日

6月05日週の注目材料について

記事を書いた人:岡ちゃんマン

2017年06月05日(月曜日)

10:45 CNY 中国財新サービス業PMI(5月)
15:30 SEK スウェーデンサービス業PMI(前月比)(5月)
17:30 GBP サービス業購買部協会景気指数(5月)
23:00 USD ISM非製造業指数(5月)

2017年06月06日(火曜日)

13:30 AUD オーストラリア公定歩合発表(6月)

2017年06月07日(水曜日)

10:30 AUD オーストラリアGDP(前期比)
18:00 EUR GDP(前期比)
23:30 USD 原油在庫量
23:30 USD 米ガソリン在庫量

2017年06月08日(木曜日)

08:50 JPY 経常収支(4月)
08:50 JPY GDP(前期比)
10:30 AUD 貿易収支(4月)
11:45 CNY 貿易収支(5月)
20:45 EUR 公定歩合発表
21:30 EUR ドラギECB総裁記者会見
23:00 USD コミー元FBI長官発言

2017年06月09日(金曜日)

00:15 CAD ボロスBOC総裁発言
06:00 GBP 英国下院議会選挙投票締め切り・出口調査発表
08:00前後くらいから、選挙区ごとに随時開票結果発表
10:30 CNY 消費者物価指数(前年比)
17:30 GBP 鉱工業生産(前月比)(4月)
21:30 CAD 雇用者数増減(5月)

今週は、ポンド・米ドル・ユーロと主要3通貨に大きく影響するイベントが待っています。

ポンドは英国の下院議会選挙の結果が影響すると思います。

 

英国議会総選挙支持率とポンドについて

英国議会選挙と政党政治について

英国議会選挙結果のシナリオパターンについて


ユーロは公定歩合の発表後に予定されている、ドラギECB総裁の会見内容が注目されています。緩和の終了やテーパリング・出口戦略に関する発言が出るか注目されています。

 

ECB理事会と注目点について


米ドルは、ロシアゲート問題に関するヘッドラインが注目されるなか、コミー元FBI長官の証言が注目されます。

 

トランプ大統領が弾劾もしくは辞任したら

ロシアゲート問題と弾劾について

トランプ大統領の機密情報漏洩について

コミー元FBI長官の証言について

 

米国は、FOMC前のブラックアウト期間に入っているので、要人発言はないと思われます。

今週は、6月8日の夕方から6月9日にかけてビッグイベントが集中しています。前日までにポジション調整が入る可能性もあるかもしれません。

注意していきたいと思います。

 

RECOMMEND