いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

FOMCメンバーと投票権について

あと1か月で、2017年も終わります。 年が変われば、FOMCの投票権を持つメンバーも変わります。 政策スタンスと投票権の一覧を更新しました。  
28FOMCメンバー表
  FRB理事は現在、3席が空席となっています。 イエレンFRB議長は議長任期終了後は、理事職も退任するとのことなので、来年2月以降は4席が空席になる可能性もあります。 地区連銀は以下の通りです。  
地区連銀区割り図
  01)ボストン連銀:ローゼングレン総裁  
ボストン・ローゼングレン
  02)ニューヨーク連銀:ダドリー総裁(退任表明)  
ニューヨーク・ダドリー
  03)フィラデルフィア連銀:ハーカー総裁  
フィラデルフィア・ハーカー
  04)クリーブランド連銀:メスター総裁  
クリーブランド・メスター
  05)リッチモンド連銀:マルニックス総裁代行  
リッチモンド・マルニクス代行
  06)アトランタ連銀:ボスティック総裁  
アトランタ・ボスティック
  07)シカゴ連銀:エバンス総裁  
シカゴ・エバンス
  08)セントルイス連銀:ブラード総裁  
セントルイス・ブラード
  09)ミネアポリス連銀:カシュカリ総裁  
ミネアポリス・カシュカリ
  10)カンザスシティ連銀:ジョージ総裁  
カンザスシティ・ジョージ
  11)ダラス連銀:カプラン総裁  
ダラス・カプラン
  12)サンフランシスコ連銀:ウィリアムズ総裁  
サンフランシスコ・ウィリアムズ
 
  リッチモンド連銀は現在総裁が不在です。 マルニックス副総裁が代行を務めています。 政策スタンスについては、発言が少ないため分かりません。 ニューヨーク連銀のダドリー総裁は、トランプ大統領とそりが合わないのか⁉それとも、仲のいいイエレン議長が辞めるからなのか⁉わかりませんが、退任の意思を表明しています。 投票権を持つ理事や連銀総裁の発言は影響力が大きいので、注目度も高くなります。 そろそろ、来年の投票権を持つ要人の発言に注目していきたいと思います。  

■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す