いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

よくある質問について考えてみました! ~勝てるようになったきっかけは?期間は?~

 

 

Q、勝てるようになるまで、どのくらいの期間がかかりましたか? また、勝てるようになったきっかけって何ですか? 勝てるようになる前と後、大きく変わったことはありますか?

 

A、安定的に勝てるようになるまで、約5年かかりました。 きっかけは勉強法を知ったこと。 勝てるようになる前と後では、ギャンブルかそうでないかの違いです。 今回はこのあたりをまとめてみたいと思います。

 

 

 

◎FX始めたきっかけと負けていた期間

 

 

FXを始めたきっかけは、体調を崩し体力を使う仕事が出来なくなったからです。 中卒でほとんど勉強をしてこなかったことで、事務職のような内勤の仕事につくことが難しかった事で、学歴の必要としない投資の世界に足を踏み入れました。 

FXを始めたばかりの頃は、トレードを回数こなせば勝てるようになっていくと思っていました。 漠然とトレードをこなし、負けても「経験だ」といって、資金を追加していくばかりでした。 そんな期間が約4年間もありました。

以下のきっかけから、少しづつ勝てるようになってきましたが、安定的に勝てるようになるまで1年半くらいかかりました。 なので、トータル5年ちょっとかかったことになります。

今思えば、最初の4年間は、お金を使っただけでほとんど経験にはなってなかった。 もったいない期間だったと思います。

 

 

◎勝てるようになった勉強法

 

 

勝てるようになった勉強法といっても、必勝法を見つけたわけではありません。

4年間負け続けていた時には、ただトレードを繰り返すばかりでした。 そこで、福岡にあるFXスクールに入校することにしました。 そこでは、FXについての基礎知識とトレードに関する取り組み方など、基本的なことを知りました。 今まで、中学や高校で勉強をしたことがなかったので、勉強の仕方から教わりました。 そこで多くのことを学びましたが、最も重要だと感じたのが「トレードよりも戦略と検証が大事」ということでした。

 

戦略を組む → トレード → 結果を記録 → 検証 → 戦略に反映

 

戦略を組むということは、トレードをした時の比較基準を作ることです。 例えば、よく聞く「Wトップ」「Wボトム」でネックラインを超えたら売り・買いと決めることです。 できれば細かく決めた方がよいと思います。 『5分足チャートで「Wトップ」なら売り、「Wボトム」なら買い、ストップとリミットは10pips』 という感じです。

 

次にトレードです。 戦略の通りにトレードをします。

 

トレードをすれば、当然結果が出ます。 その結果を記録します。 記録もできるだけ細かく記録した方がよいと思います。 例えば、「日時」「通貨ペア」「売りor買い」「エントリー・決済レート」「WトップorWボトム」「損益」・・・などです。

 

結果が積み重なってくると、検証です。 「Wトップ」での勝率は? 「Wボトム」での勝率は? 通貨ペアごとの勝率は? など、いくつもの角度から検証していきます。 そうすると、良い結果が出ているものと、そうでないものがわかってきます。 よい結果が出ているものは残して、そうでないものは修正していきます。 その修正したものを次のトレード戦略に反映させます。

 

そこで、新しい戦略ができると、また上記のようにトレード、記録、検証と繰り返していきます。 それにより、最初は全く勝てなかった戦略も、少しづつ勝てるようになってきます。 ひたすら繰り返すのみです。

 

 

 

◎スクールは時間の短縮

 

 

トレードに必勝法はありません。 自分流のトレードスタイルを作っていくしかありません。 そのためには、上記のようにトレードを重ねていくしかありません。

 

そういう意味では、スクールの必要はないのですが、1から10までトレードと検証の繰り返しで作っていくとなると、かなりの時間かかります。

 

スクールや商材など、すべてを進めるわけではありません。 中には、騙しのようなものも多くあります。 ただ、スクール等には多くの人の経験や知識があります。 それを活用することで、経験や知識を身に着けることができます。 なので、スクール等は必勝法を習うところではなく、知識や経験を身に着けるところで、自分が時間をかけて経験するはずのものを短縮するところだと思っています。

 

 

 

◎勝てるようになった前と後

 

 

負け続けているときは、トレード命でした。 トレードをすることに100%力を注いでいました。

上記のきっかけを機に、記録を大事にするようになりました。

勝てるようになった現在も、記録は大事にしています。 数字としての記録はもちろん、ビックイベント時は値動きを記録するために、動画として記録もしています。

また、戦略、トレード、記録、検証に終わりはないと思っています。 なので、記録するものはその時々で変化しています。 トレードが主ではなく、戦略と検証が主になっています。 これが勝てるようになった前と後の違いです。

 

 

トレードに主を置いているうちは、ギャンブルだと思っています。 戦略と検証が主になってくると、ギャンブルから投資になってくると思います。 常に投資をすることを心がけています。

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す