いにしえ流 FXブログ

よく読まれてる記事Popularity

Q&Aコーナー:ブログに来た質問に答えてみた! スイングトレードのストップ位置についての質問です。

 

Q.スイングトレードをするときにストップの位置を決めるのに困ります。 狭くするとすぐにストップをつけてしまい、広げると損失が大きくなってしまいます。 どのように決めていますか?

 

A.上記の質問に対しての答えが、通貨量・ストップ・許容損失額の3点を臨機応変に変えていきましょう。 というのが答えです。

 

まず、最初に決めるのが許容損失額です。

その次が、ストップ位置です。

そして最後に、通貨量を決めるようにしています。

 

 

1)許容損失額

今回のトレードで、最大損失が出たときに許容できる額です。 許容損失額は、資金量の2%までと決めています。 例えば、100万円の資金であれば損失額は2万円。 1000万円の資金であれば損失額は20万円。 といった具合です。

許容損失額を決めるにあたって大事にしたいことが、複利トレードにならないことです。 トレードには100%勝利はありません。 連敗することもあります。 連敗したときに、資金が足りなくなってトレード規模を縮小なんてことは避けなければいけません。 なので、常に最悪の展開を想定して資金管理をしていきたいと思っています。

 

 

2)ストップ位置

ストップ位置に関しては状況などに応じて様々なので、詳しくは割愛しますが、簡単にいくつか挙げたいと思います。

直近高値・安値を基準に設定する場合。 キリ番や心理的節目を基準に設定する場合。 100pipsや200pipsといったキリのいい数字で設定する場合などです。 ただ、どの基準でストップを決めたとしてもリスクリワードは最低でも「1:1」にすることを心がけています。

 

 

3)通貨量

許容損失額とストップの位置が決まれば、必然的に通貨量は決まってくると思います。 損益計算の公式です。

・クロス円の場合 (獲得pips数×100円)×通貨量(単位:万通貨)=損益
・クロス円以外  (獲得pips数×1通貨)×通貨量(単位:万通貨)×円レート=損益

上記の公式にストップ位置や損失額を代入すれば、通貨量が出てきます。

 

 

最後に、許容損失額にしても、通貨量にしてもトレードの自信で変化させます。 例えば、自信のあるトレードの場合は許容損失額を自己資金の2%に設定します。 自信のない時は許容損失額を自己資金の1%に減らしたり、通貨量を半分にして分割エントリーしたりします。 これもリスク管理だと思っています。

 

 

 


■やる気になりますので、応援お願いします!

コメントを残す

エディター紹介Editor

岡ちゃんマン

岡ちゃんマン
福岡県出身1980年生まれ。 若いころは、植木職人として修業。根っからの職人気質。体調を崩し、自宅でPCだけでもできるビジネスを探していたところ2009年にFXと出会う。FXの様々な経験から、導き出したのが「独自のファンダメンタルズトレード」現在は、自宅でFXをしながら、悠々自適な生活を送る。当ブログでは日々の「トレード戦略」「ファンダメンタルズ解説」の記事を執筆

記事一覧はこちら

川ちゃん

川ちゃん
1975年生まれ。21歳の時、大学在学中に会社を設立。24歳の時にはすでに年商約5億円にまで会社を成長させる。その後、経営のかたわら経済の勉強をしていく中、金融業界の影響の大きさに気づき、2006年から資産運用を始め経営者から投資家に転身する。現在は「いにしえトレード戦略責任者」として、ここ数年に渡り年間5000万円から1億円を稼ぎ続けている楽しいことが大好きで、トレード仲間と食事をしたり、旅行に行くのが趣味のちょっぴり寂しがり屋。今までFXを趣味で教えてきた人数は6年間でおよそ500人にも及ぶ。ここ数年、「億トレ」の実績を出してきたので、「稼ぐ為の考え方」を多くの方に伝えることを使命としている。

記事一覧はこちら

上田

上田
若いころは、料理人として活躍。スペインで富豪宅のお抱えコックやパリのリッツホテルに勤務。日本とユーロを行き来することで為替差益の面白さに気づく。帰国後飲食店・カルチャースクール経営お酒大好きでソムリエ資格保有。 2013年、投資の世界に足を踏み入れるしかしながら、中々思うような結果が出ず、岡ちゃんマンに弟子入り。現在、アシスタントとして奮闘中。 トレードスタイルは、押し目買い戻り売りの順張り派。 トレーダーの考えをできるだけ、初心者にも分かるように書いていきたいです。

記事一覧はこちら