1月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 1月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年1月11日

1月10日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・モリソン豪首相は記者会見を行い、新型コロナウイルス・オミクロン株の感染が拡大しているが「再封鎖(ロックダウン)ではなく、前に推し進める(push through)」と述べたことなどが、豪ドルの支えになった

・欧州時間に入るとウクライナ情勢を巡る米露会談への警戒感から全般ユーロ売りが先行

・米連邦準備理事会(FRB)は10日、クラリダFRB副議長が14日付けで退任すると発表

・米ゴールドマン・サックスは米連邦準備理事会(FRB)の今年の利上げ回数予想を従来の3回から4回に引き上げ、資産圧縮の開始時期も12月から7月に前倒しし、JPモルガン・チェースも前週末に利上げ開始の予想時期を6月から3月に早めたことで、米10年債利回りは一時1.8064%前後と2020年1月以来約2年ぶりの高水準まで金利上昇

・米金融政策の正常化が想定より速いペースで進むとの警戒が急速に強まる中、ダウ平均が一時590ドル超下落

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


1月11日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


1月11日7:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

モリソン豪首相
「オミクロン株が経済へ与える影響を語るのは時期尚早」

リントナー独財務相
「ドイツはインフレ高進の度合いを注視している」

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「3月利上げ開始はあり得る」

米格付け会社ムーディーズ・インべスターズ・サービス
「世茂集団の格付けを『Ba3』から『B2』へ格下げ」

関係筋
「米国がロシア向け高度技術の輸出規制を検討」

インドネシア政府
「水曜日の石炭輸出再開をさらに検討」
「石炭への課税を計画」

カナダ政府高官
「カナダで12月に発生したBSEを受け、中国とフィリピンはカナダ産牛肉の輸入を停止した」

リャブコフ露外務次官
「ロシアはNATO拡大に関する懸念を詳細に説明」
「米国側はロシアの懸念に真剣に取り組んでいる」
「米国に、緊張拡大を心配する必要はないと述べた」
今後の会談継続について今週の協議次第
米国が我々の要求全てを受け入れるとは思わないが、ウクライナがNATOに加盟しないとの確約は絶対に必要
ウクライナのNATO加盟についての問題は何の進展もなかった

シャーマン米国務副長官
「ロシア側と率直な議論を行った」
ロシアはウクライナに侵攻するつもりはないと言っていた
「軍事演習の規模と範囲について相互に制限を設ける方法を議論することに前向き、と伝えた」
週末に米国とロシア政府が今後の方法について議論

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND