1月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 1月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年1月12日

1月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・東京市場は成人の日で休場

・欧州各地の新型コロナウイルス感染拡大や、米ホワイトハウスのコロナ対策チームが感染力の強い新たな変異種発生の可能性を指摘したことから、感染が経済へ与えるダメージが懸念され株価は軟調

・トランプ米大統領の支持者が連邦議会議事堂に乱入した事件を受けて、米下院民主党はトランプ氏が「反乱を扇動した」として罷免を求める弾劾訴追決議案を下院に提出

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


1月12日7:00時点

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

1月12日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ペロシ米下院議長
トランプ米大統領の弾劾訴追状案を下院に提出する

ホワイトハウス
「対中政策に関するさらなるオプションを検討」

テンレイロ英金融政策委員会(MPC)委員
マイナス金利の実現可能性に関する作業は依然として進行中
「マイナス金利検討は遅すぎではない」

ボスティック米アトランタ連銀総裁
「依然として多くの経済セクターへの支援が必要」
「中期的には非常に前向きに見える」
「基本的な見通しは堅調な景気回復」

バイデン次期米大統領
最優先事項は景気刺激策

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND