1月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 1月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2023年1月13日

1月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・読売新聞は、日銀が来週の会合で大規模緩和の副作用を点検すると報じ、読売新聞の観測記事で日銀の政策修正への思惑が強まり、円が全面高となった

・12月米消費者物価指数(CPI)は前年比6.5%上昇、コア指数が前年比5.7%上昇とほぼ市場予想通りの結果となり、米インフレが落ち着きつつあることが確認され、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを緩めるとの観測が強まりドル売りが進んだ

・ドル円は一時128.87円と昨年6月1日以来約7カ月ぶりの安値を更新、ユーロドルは1.0867ドルと昨年4月以来の高値を更新した

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


1月13日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


1月13日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


1月13日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
今後は0.25%の利上げが適切となるだろう
「インフレ緩和の兆し、コアは今年3.5%まで低下すると予想」
「景気後退(リセッション)を予測していない。2023年GDP成長率は1%と予想」
今年の利上げは『あと数回』と予想している

バイデン米大統領
「インフレが低下し、人々に休息を与えている」
過去3カ月間のインフレ率は年率換算で1.8%
6カ月連続でインフレ率(前年比)が低下
「ガスはピーク時の1.70ドルから下落」
「失業率は50年ぶりの低水準」
「労働者の手取りは増えている」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「2022年第4四半期はトレンドを上回る成長を遂げているようだ」
「ここ数週間で世界的に見通しが改善」
「労働市場は好調」
5%を超える水準は、FRBが確実にインフレを抑制するための最低水準
「今日のCPIデータは我々が正しい方向に向かっていることを示した」
インフレ率が簡単に2%に戻るという楽観的な見方が強すぎる可能性も

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「過去3カ月のインフレは正しい方向に進んでいる。ただ、平均値が低下した一方、中央値が高いことに注意」
「FRBはインフレ抑制に取り組んでおり、より慎重に舵を取ることは理にかなっている」

マン英MPC(金融政策委員会)委員
さらなる利上げが必要
「だれも高い金利を望んでいない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND