1月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 1月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2019年1月17日

1月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

 

・英国議会で内閣不信任案否決

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


1月17日7:00時点

 

 

 

 

◎昨日の株価


1月17日7:00時点

 

 

 

 

◎各国長期金利

米10年債利回りチャート     オレンジ:5年債     赤:2年債

 

 

日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格 日足チャート

 

 

 

 金価格 日足チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

マース独外相
「可能なのであれば譲歩はすでにしている」
「メイ首相の離脱案は極めて複雑な状況にしている」
「EUは協議にオープン。ブレグジットの解決を望んでいる」

モスコビシ欧州委員(経済・通貨担当)
英国は何がしたいのかを言うべき
EUは全てのシナリオを準備している
合意なきブレグジットを誰も望んでいないが、それに近づいてい

メルシュECB理事
「ユーロ圏の広範な景気減速は想定通り」

ノボトニー・オーストリア中銀総裁
金融緩和は継続する見込みだが、ペースは遅い
「政治的不透明を理由に幾つかの分野で弱さが見られる」
「2018年のインフレは物価安定目標に十分」

ECB理事会メンバーのビルロワ仏中銀総裁
「英・EU離脱案の否決は英国のさらなる不透明性を意味する」
ユーロ圏の経済成長は減速はしているが、下降はしていない
「反対運動後のマクロン大統領の措置は成長を促すだろう」

カーニーBOE総裁
「短期的な市場の動向を重要視していない」
合意なきブレグジットの可能性が減少したことなどを背景にポンドが反発しているようだ
「市場の英下院での欧州連合(EU)離脱案否決に対する反応は、為替市場に示されている」
「金融システムには耐久性があり、危機への備えも十分」

メルケル独首相
ブレグジットを協議する時間はまだある

バラッカー・アイルランド首相
「我々は、合意無きEU離脱を回避するため全力を尽くす」
「もし英国がレッドラインを変更すれば、欧州連合(EU)の対応も変化する」
我々には、バックストップ措置の期限の受け入れの要請はない

メイ英首相
「議会は、国民投票の結果を履行する義務がある」
「総選挙は国益にならず、分断や混乱をもたらす」
総選挙はEU離脱を遅らせる
「議員であれば誰でも離脱への協議に参加できる」 

 

英首相報道官
「メイ首相、合意なき離脱の可能性を排除せず」

ジョーダンSNB総裁
「現在の超緩和的な金融政策は正しく、変更する理由はない」
「低金利や為替への介入はとても効果的」
「ブレグジットを含めて、経済の不透明感は高まっている」

フリーランド加外相
「中国との関係、非常に難しい局面に」

米民主党のホイヤー下院院内総務
29日に予定されていたトランプ米大統領の一般教書演説は中止される

米地区連銀経済報告(ベージュブック)
「米経済活動は緩やかもしくは穏やかなペースで拡大」
「すべての地区で労働市場は引き締まった」
「ほとんどの地区で経済は成長しているが弱いところが現れた」
「ほとんどの地区で物価は緩やかもしくは緩やかなペースで上昇」
「ほとんどの地区で製造業はより遅いペースで成長」
高い関税がコスト増加の要因

 

グラスリー米上院財政委員会委員長
政府機関閉鎖で日本やEUとの貿易交渉が遅れる可能性
「トランプ大統領は自動車関税を課すほうに傾いている」

 

モルノー加財務相
「ブレグジットはカナダに直接問題があるわけではないが、世界経済には困難な問題だ」

 

 

 

 

 

記録室の使い方は以下を参照ください


ファンダメンタルズ分析の始め方! ~ファンダメンタルズ分析の基礎知識~

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND