1月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 1月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年1月30日

1月29日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・日経平均は好決算銘柄を中心に買いが先行したものの、一巡後は米株先物の下落につれて徐々に売りが優勢となり、米ネット証券のロビンフッドが急騰していた銘柄への取引制限を緩和すると発表したことを受け、個人投資家による投機的な売買への警戒感が再び強まり大幅続落

・米財務省外国資産管理局(OFAC)が「中国軍企業と社名がほぼ一致しているが完全には一致していない」企業への投資禁止措置の適用を5月27日に延期すると発表

・欧州中央銀行(ECB)筋やマクルーフ・アイルランド中銀総裁が利下げに関して否定的な見方を示したこともユーロを下支え

・米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が発表した新型コロナウイルスワクチンの臨床結果が失望されたほか、個人投資家らの投機的な取引で相場が一段と混乱するとの警戒感が高まった

・電気自動車テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)がツイッターのプロフィールを「#bitcoin」に変えたことで、「同氏がビットコインを支持している」との見方が広がりビットコインは急騰、対ドルでは一時38627ドル前後、対円では399万円程度まで大幅に値を上げた

・ツイッターのジャック・ドーシーCEOも同様にプロフィールを「#bitcoin」に変えた

・空売りを専門とする米投資情報会社シトロン・リサーチはこの日、20年間続けてきた株式の空売り調査を中止すると発表

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


1月30日7:00時点

 

 

 

 

◎昨日の株価


1月30日7:00時点

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 


金価格チャート

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 


材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

カザークス・ラトビア中銀総裁
現時点では、他の措置が有効なため、追加利下げは必要ない
「状況が変われば、利下げ検討も議論に浮上する可能性」

中国人民銀行
「常設貸出ファシリティー(SLF)金利引き上げの噂は真実ではない」

ロビンフッド社(米スマートフォン証券)
いくつかの顧客の銀行口座とのリンキングに問題がおきている

マクルーフ・アイルランド中銀総裁
現時点ではECBの利下げは予想しない
「もし必要な状況になれば利下げは選択肢の1つではある」
ユーロ高には引き続き注視

トラス英国際貿易相
「中国の不公平な態度を取り締まるためにも、欧州連合(EU)、日本、米国とより親密な関係を努める」

欧州中央銀行(ECB)筋
前回の理事会で利下げについての話はわずかだった
効果が限定されているため、金利を引き下げる可能性は低い
「為替相場への焦点はかなり少なかった」

ウォーレン上院議員(米民主党)
(米証券取引委員会に対して)株価が企業のファンダメンタルズを反映するように行動を求める

イエレン米財務長官
「支援なしでは多くの中小企業を失うリスク」
「我々は今行動する必要がある」

クオモ・ニューヨーク州知事
「ニューヨーク市内の飲食店の屋内営業は収容率25%で2月14日から再開可能」

カプラン米ダラス連銀総裁
「第1四半期は非常に困難だが、成長率はプラスに」
「失業率は2021年末までに4.5%に低下すると予想」
「2022年第1四半期までに通常に戻ると予想」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND