1月3日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 1月3日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年1月4日

1月3日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・中国・恒大集団の株式が香港市場で売買停止とされ、続伸スタートだった香港株はマイナスに沈み、ダウ先物や日経平均先物もプラス幅を縮

・米長期金利の指標である米10年債利回りが一時1.6385%前後と11月24日以来の高水準を付けたことを受けて、全般ドル買いが優勢となり、ユーロドルは2時30分前に一時1.1280ドルと日通し安値を更新

・ドル円はクロス円が下落した影響を受けて円買い・ドル売りが先行し、22時30分前に一時114.95円と日通し安値を付けたが、米長期金利の上昇に伴うドル買いが優勢になるとアジア時間に付けた115.36円をわずかに上抜けて115.37円とオミクロンショック時の11月26日の高値まで上昇

・米国では新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の感染拡大が続いているものの、重症化リスクは低いとの見方から景気敏感株に買いが入り、ダウ平均は史上最高値を更新し、S&P500も過去最高値を更新

・アップルが一時資産3兆ドルを突破

・4日に石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」の閣僚級会合を控え、現行の日量40万バレルの増産目標を引き上げる可能性への警戒感で売られる場面もあったが、これまでの小幅な増産方針が維持される公算が大きいとの見方や今年はエネルギー需要が一段と回復するとの期待から反発上昇、リビアの石油生産が2油田を結ぶ主要パイプラインのメンテナンスのため、1週間にわたって日量20万バレル減少するとの発表も支援材料となり一時76.4ドルまで上昇

・トルコでCPI(消費者物価指数)が発表され、前年比36.08%(予想30.6%)前月比13.58%(予想9.0%)と予想を大きく上回りインフレが進んでいる

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


1月4日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


1月4日7:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ゼレンスキー・ウクライナ大統領
「欧州の平和維持と緊張緩和についてバイデン米大統領と協議した
「米国の揺るぎないウクライナ支援に感謝」

リントナー独財務相
「2023年から軽減税率を実施する」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND