1月31日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 1月31日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年2月1日

1月31日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・1月独消費者物価指数(CPI)速報値が予想を大幅に上回ったことが分かると、市場では「インフレ懸念から欧州中央銀行(ECB)による金融政策の正常化の議論が想定より早まる」との見方が浮上しユーロ買い・ドル売りで反応

・FOMCで投票権を有するジョージ米カンザスティ連銀総裁は「FRBの金融政策の正常化の過程で、金融市場は混乱に直面するかもしれない」「より積極的な量的引き締め(QT)で緩やかな利上げが可能」などと発言したことで、利上げ回数の予想が後退すると金利が低下しドル売りが進んだ

・ダウ平均株価は「年金基金による月末のリバランス(配分調整)の買いが入った」との声が聞かれ、一時420ドル超上昇

・原油価格はウクライナ情勢を巡るロシアと欧米諸国の対立が原油供給に影響を及ぼすとの見方が相場を下支えし、OPECとロシアなど非加盟の主要産油国でつくる「OPECプラス」が2日に開催される会合でも現行の増産ペースを維持するとの見方から上昇

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


2月1日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


2月1日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

露クレムリン
「英国による制裁警告は、英企業の投資環境を損ない、欧州の緊張を高める」
「英企業は多くのロシア企業の株主であり、制裁を科すとの脅しが裏目に出る可能性がある」

バイデン米大統領
「ロシアが対話を通じて安全保障上の懸念に真摯に取り組めば、米国とその同盟国は誠意を持って対応する」
「ロシアがこの政策から離れてウクライナを攻撃した場合、ロシアは迅速かつ深刻な結果に直面するだろう」

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「サプライチェーンのボトルネックが価格を押し上げている」
「米国経済はより自立した道を歩み始めている」
「早ければ3月にも利上げに踏み切ると予想」
FRBは景気を支えながら年末までに政策金利を1.25%まで余裕をもって引き上げることが可能

ジョージ米カンザスティ連銀総裁
「現在の非常に緩和的な金融政策のスタンスは経済見通しと一致せず」
より早期のバランスシート縮小が適切となる可能性

ボスティック米アトランタ連銀総裁
3月FOMCでの0.50%の利上げは好ましい政策措置ではな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND