10月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 10月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年10月13日

10月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・国際通貨基金(IMF)は12日、最新の世界経済見通し(WEO)を公表し、サプライチェーン(供給網)の混乱とインフレ圧力が新型コロナウイルス危機からの回復を阻害しているとして、2021年の世界成長率見通しを7月時点の6.0%から5.9%に引き下げ

・クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長は「インフレリスクは上サイド」「2022年半ばごろに終了するテーパリングが間もなく正当化されるだろう」「テーパリングは利上げ開始のシグナルではない」などと述べたが、マーケットの反応は限定的

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


10月13日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


10月13日6:00時点

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

金正恩・北朝鮮委員長
「米国が敵対的でないと信じる理由がない」
「主な敵は戦争であり、米韓のような特定の国ではない」
「米国の政策、地域の緊張を高めている」
「北朝鮮は軍事力の強化を継続する」

鈴木俊一財務相
「MMT理論、日本を壮大な実験場にするわけにいかない」
「国際課税、課税上の対応に関する歴史的合意を強く歓迎」

国際通貨基金(IMF)理事会声明
「ゲオルギエバIMF専務理事への全面的な支援を再確認」

李・韓国中銀総裁
「次回会合で利上げの判断を行う」
「今回の会合で2名が利上げを主張した」
「8月の利上げは実体経済の重しになっていない」

岸田首相
「為替変動が企業に及ぼす影響を注視する」
「円安は輸出促進につながる一方、輸入価格の上昇が企業コスト上昇につながる」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「賃金スパイラルの兆候はほとんど見えない」
パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)はおそらく3月に終了するだろう

国際通貨基金(IMF)
「21年の世界GDP予想を7月時点の6.0%から5.9%に引き下げ」
「21年中国GDP予想は8%、22年予想は5.6%」
「21年米GDP予想は6.0%に下方修正、22年予想は5.2%」
「21年ユーロ圏GDP予想は5.0%、22年予想は4.3%」

ボスティック米アトランタ連銀総裁
「米雇用減速はテーパリングの予定を狂わせるものではない」
11月のテーパリング開始を支持
「サプライチェーンの問題はおそらく当初の予想よりも長引く可能性」
「インフレ率は今後も2%を超える可能性」

クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
インフレリスクは上サイド
テーパリング終了は2022年中頃が正当化される
「テーパリングは利上げ開始のシグナルではない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND