10月19日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 10月19日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年10月20日

10月19日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・次回11月会合で市場の利上げ確率が8割まで上昇するなど利上げ期待からポンド堅調

ウォラーFRB理事が「高水準のインフレが続くなら、早期利上げを支持する」と述べたことで、米長期金利の指標である米10年債利回りが一時1.6443%前後と5月20日以来約5カ月ぶりの高水準を付けると円売り・ドル買いが優勢となり、ドル円は一時114.40円まで上昇

・ビットコインの先物をベースとしたプロシェアーズのETF(上場投資信託)の取引が正式にニューヨーク証券取引所(NYSE)で開始されたことが好感され、ビットコインは対ドルで一時6万4342ドル台と4月14日以来約半年ぶりの高値を付けたほか、対円では735万円台と過去最高値を更新

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


10月20日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


10月20日6:00時点

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

イエレン米財務長官(議会指導部に書簡)
「債務上限の長期的な解決策が必要不可欠」
米財務省は12月3日までに非常手段を使う必要

豪準備銀行(RBA)議事要旨
「CPIが持続的に2-3%で推移するまで利上げはしない」
「高度に支援的な金融環境をコミット」
「中心的なシナリオでは10-12月期に成長に転じ、来年後半にはデルタ株流行前の水準を回復する」
「賃金とCPIの上昇ペースは穏やかにとどまるだろう」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「来年利上げする理由はない」
「インフレは来年末までに2%を下回ると確信」

レーン・フィンランド中銀総裁
「欧州には依然として経済の緩み余地がある」
「ユーロ圏のインフレは依然としてほとんど一時的」
「一時的なインフレであるという証拠は非常に説得力がある」

レーンECB専務理事兼チーフ・エコノミスト
「市場はECBのフォワードガイダンスを十分に理解していない可能性がある」

ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事
「労働者の喪失はパンデミック前の雇用水準に戻ることを短期的に困難、または不可能にする可能性がある」

ホワイトハウス
「米国は引き続き北朝鮮と外交を行う用意がある」

ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事
インフレが2022年にかけて2%を大幅に上回った場合、早期利上げを支持
必要に応じて利上げを可能にするため、2022年半ばまでにテーパリングを終了することを支持
「11月の会合でテーパリングを開始すべき」
「テーパリング完了直後の利上げを期待しないで欲しい。利上げにはまだしばらく時間がかかる」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND