10月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 10月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年10月24日

10月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・9月全国CPI(生鮮食品を除く総合、前年比)は予想通りの+3.0%と2014年9月以来の伸びを記録、消費税率引き上げの影響を除くと1991年8月以来31年ぶり

・米格付け会社ムーディーズは21日、英国の格付け見通しを「ネガティブ」に変更したと発表

・米10年債利回りが一時4.3354%前後と2007年11月以来の高水準を記録し、ドル円は21時30分過ぎに一時151.95円と1990年7月以来32年ぶりの高値を更新

・米ウォールストリート・ジャーナルのFEDウォッチャー、ニック・ティミラオス記者は最新の投稿で「11月の米連邦公開市場委員会(FOMC)では通常の3倍にあたる0.75%の利上げを決め、12月に0.50%に利上げペースを落とすかどうかを議論する公算が大きい」「一部の当局者は過度な景気悪化を警戒し、利上げ減速や来年早々の利上げ停止を求めている」と指摘し、米利上げ減速観測が高まると、米金利が急低下しドル売りが進んだ

・23時30分頃からは円買いが活発化し、市場では政府・日銀による円買い介入観測が高まり、一時146.23円まで急速に値を下げ、日経新聞は関係者の話として「政府・日銀は為替介入に踏み切った」と報じた

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


10月22日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


10月22日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


10月22日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER 参照

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

鈴木財務相
「円安にはプラスマイナス双方ある」
「最近のような急速で一方的な円安は望ましくない」
「円安、マイナス面の影響を緩和することが重要」
「過度な変動には適切な対応」
「円安、投機による過度な変動は容認できない」

黒田日銀総裁
「為替市場の動向や、それが日本経済の物価に与える影響を注視」
「景気は資源高の影響を受けつつも持ち直している」

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「締め付けすぎによる無理な景気後退は避けたい」
「我々は今、政策上、思慮深くなければならない時期に来ている」
引き締めすぎにならないよう全力を尽くす必要

神田財務官
「(介入の有無について)コメントしない」

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「利上げペースを遅らすことが重要」
「政策の行き着く先について迷っている」
中立金利は3-3.50%としたい

エバンス米シカゴ連銀総裁
さらに利上げを行い、その後しばらくは金利を維持する必要
「個人消費見通しは、9月のFRB見通しとほぼ一致」
「労働市場の異常な強さの一部が弱まっている兆候」
「経済データはまちまちである」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND