10月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 10月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年10月23日

10月22日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・中国恒大集団が23日に猶予期限が迫っていた8350万ドル相当の利払いを実施するとの報道が伝わり、債務不履行(デフォルト)が避けられるとの思惑が浮

・10月製造業・サービス業・総合PMIはフランス・ドイツ・ユーロ圏で強弱入り混じる結果となり、大きな値動きには繋がらなかった

・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長がオンライン会合で「テーパリングを開始し、2022年半ばまでに完了の見通し」「高インフレは来年まで続く可能性が高い」「持続的なインフレが見られる場合は、手段を行使」などと発言すると、当初は米金利の上昇とともにドル買いが入り、113.87円付近まで値を上げた。ただ、「我々の見解では高インフレは緩和する可能性が高い」「利上げは時期尚早」との発言が伝わると、米金利の低下とともに再びドル売りが優勢となり、1時30分過ぎに一時113.44円と日通し安値を更新

・「欧州連合(EU)はアイルランド国境に関し英国との溝がこれ以上深まれば、ブレグジット合意の破棄を検討している」との観測報道が伝わると、再びポンド売りが優勢となった

・前日のトルコ中銀による大幅利下げをきっかけとしたリラ売りの流れがこの日も続き、対ドルでは一時9.6625リラ、対円で11.79円といずれも史上最安値を更新

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


10月23日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


10月23日6:00時点

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

バイデン米大統領
「インフラ歳出法案合意は間近」
「広範な法人税引き上げが、法案に組み込まれるのは予期していない」
「最低限の法人税引き上げは法案には助けとなるだろう」

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「経済には強い不透明感がある」
「長期的なインフレ期待はFRB目標の2%に沿っている」
「ドットチャートは完璧ではないが、有益な情報を伝える」

中国外為当局
「人民元と国境を越える資本フローは基本的に安定」

マクロン仏大統領
「ポーランドの問題はEU法の優位性についてではなく、司法権の独立性について」
「ポーランドの首相と率直に話し合った」
「圧力をかける手段を使わなくて済むように、ポーランド政府からの具体的な対応を待っている」

メルケル独首相
「法の支配に関する問題の解決策を見出すのはポーランドと欧州委員会」
「委員会には法的義務があるが、議会は政治的配慮に留意しなければならない」

格付け会社フィッチ・レーティングス
時期尚早な利下げは、不確実性を高める政策上のミスステップ
政治的背景が金利決定に役割を果たしているようだ
「トルコ中銀が必要に応じてリラを防衛する余地はほとんどない」
「トルコの17.2%の年末インフレ予想には上向きリスク」

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「インフレ率は高く、予想よりも長く続いている」
「来年のインフレ率が高ければ、金利を上げることができる」
「インフレ率が高いという予測だけで利上げを行うと、経済や雇用に打撃を与える可能性も」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
高インフレは来年まで続く可能性が高い
「我々の見解では高インフレは緩和する可能性が高い」
「供給のボトルネックは依然として深刻」
「FRBの手段は供給の制約に関してあまり効果がない」
「持続的なインフレが見られる場合は、手段を行使」
テーパリングを開始し、2022年半ばまでに完了の見通し
「インフレは目標をはるかに上回っている」
利上げは時期尚早
「テーパリングを開始する時期がきた」
テーパリングは開始するべきだが利上げの時期ではない
インフレが弱まるまでにどれ程時間がかかるか分からない

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND