10月27日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 10月27日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年10月28日

10月27日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・欧州中央銀行(ECB)が予想通り政策金利を2.00%に引き上げることを決定すると売りで反応し、ラガルド総裁から「経済見通しのリスクは明らかに下方向」「信頼感を示す指標は急速に低下」「インフレリスクは上方向」「今会合では意図的に量的引き締め(QT)について議論しなかった」などと弱気な発言が伝わるとさらにユーロ売りが進んだ

・7-9月期米国内総生産(GDP・速報値)や個人消費は予想を上回ったが、同時に発表された9月米耐久財受注額は予想より弱かった

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


10月28日6:00時点

 

 

 

 

 

 


10月28日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


10月28日6:00時点

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

習・中国国家主席
「双方に利益となるような関係構築に向け米と協力する用意」

トルコ中銀
「2022年末時点のインフレ見通しを60.4%から65.2%に引き上げ」
「2023年末時点のインフレ見通しを19.2%から22.3%に引き上げ」
「2024年末時点のインフレ見通しを8.8%に設定」

欧州中央銀行(ECB)声明
今後も利上げを継続する
「金融緩和政策の撤廃を大きく前進させた」
「インフレはまだ高すぎ、長期にわたって目標を上回って推移するだろう」
TLTRO3の条件を変更する

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「高インフレが消費と生産を抑制」
「ガス供給の混乱が逆風をさらに強める」
「2022年第3四半期に著しく減速と公算」
「22年第4四半期と23年第1四半期に景気がさらに減速する可能性が高い」
ユーロ安がインフレに拍車をかけた
「信頼感を示す指標は急速に低下」
経済見通しのリスクは明らかに下方向
将来の利上げ規模はデータ次第
「政策正常化はまだ達成していない」
今会合では意図的にQTについて議論しなかった
12月にAPP削減の主要な原則を決定
さらに数回の会合で利上げをする可能性は十分ある

プーチン露大統領
「ウクライナにあるザポリージャ原子力発電所から重火器を引き揚げた」
「あらゆる核使用の可能性をロシア軍のドクトリン(戦闘教義)は網羅している」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND