10月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 10月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年10月8日

10月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・岸田首相が「急速で一方的な円安進行は望ましくない。投機による過度な変動が繰り返されることは見逃すことができない」と発言したことでやや円高に振れたものの、動きは限定的

・9月米雇用統計で非農業部門雇用者数が26.3万人増と予想の25.0万人増を上回り、失業率が3.5%と予想の3.7%より強い内容だったことが分かると、米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを続けるとの見方が強まり、米金利の上昇とドル高が進みドル円は4時30分前に一時145.44円と日通し高値を付けた

・平均時給は前回値5.2%、予想5.1%を下回り5.0%という結果となったが、雇用者数と失業率が予想を上回ったことで金利上昇ドル買いが優勢となった

・シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)グループがFF金利先物の動向に基づき算出する「フェドウオッチ」によると、11月1-2日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では通常の3倍にあたる0.75%の利上げ確率が前日の約75%から約82%まで上昇、12月のFOMCでも0.75%の利上げを決める確率が24%程度(前日は7%程度)まで上がった

・9月カナダ雇用統計で雇用者数が予想2万人に対して結果は2.1万人と予想を上回り、失業率が予想3.7%に対して結果は3.5%とどちらも予想を上回ったことでカナダドル買いが進んだ

・石油輸出国機構(OPEC)加盟国や他の主要産油国による枠組みOPECプラスによる大幅減産を後押しとする上昇が継続し、一時93.26ドルと8月30日以来の高値をつけたこともカナダドル買いの追い風となった

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


10月8日6:00時点

 

 

 

 

 

 


10月8日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


10月8日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER 参照

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

ウォラー米連邦準備理事会(FRB)理事
来年序盤にかけた追加利上げを予想
「インフレ対応は十分に進展していない」
「金融安定への懸念が利上げを遅らせるとは考えない」
「引き締めペースのために市場を注視」
「金融市場は効果的に機能している」

メスター米クリーブランド連銀総裁
「最優先課題はインフレ抑制」
「インフレ減速まで利上げを停止することは困難」
他国の問題解決は米連邦準備理事会(FRB)の職務ではない
「利上げ減速を正当化する根拠はない」
「米連邦準備理事会(FRB)はインフレ率2%抑制まで利上げを停止しない」
「ある時点で住宅ローン担保証券(MBS)売却は検討する価値がある」
米連邦準備理事会(FRB)は2023年を通じて利下げすることはない見通し

ブリンケン米国務長官
「プーチン露大統領は外交に関心を示さず」
「米国は自国の利益を損なうようなことはしない」
「(サウジアラビアとの関係やOPECプラス減産について)我々は、いくつかの対応の可能性を検討している」

鈴木財務相
「来週G20財務会合出席する方向で調整中」
「G20では、ウクライナ侵略長期化に伴うインフレや金融環境・世界経済などの課題議論される見通し」
「外貨準備大幅減の要因は、債券金利上昇、ユーロの対ドル減価・為替介入による外貨売り」

岸田首相
急速で一方的な円安進行は望ましくない
「投機による過度な変動が繰り返されることは見逃すことができない」

神田財務官
為替平衡操作のアミュニション(弾薬)に制約感じたことない
「制約が無いようにいろいろ工夫を行っている」

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
FRBは時間とともに金利を4.5%近辺に引き上げる必要
「金利をさらに引き上げる必要がある」
「FRBの焦点はインフレを2%に戻すこと」
「インフレは来年大幅に低下すると予想」
「利上げペースと利上げ幅はデータ次第」

ショルツ独首相
「核兵器のいかなる使用も容認できない」

ナーゲル独連銀総裁
「ECBは政策金利を大幅に引き上げる必要がある」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND