11月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 11月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年11月7日

11月5日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・保証した理財商品の支払いを実施できなかった中国の不動産会社・佳兆業集団と傘下部門が、香港市場で株式売買停止と報じられたことが嫌気されリスク回避の動きが強まった

・10月米雇用統計では非農業部門雇用者数が53.1万人増と市場予想の45.0万人増を上回ったほか、失業率も4.6%と市場予想(4.7%)より強い結果となり、米10年債利回りは1.54%まで上昇するも、その後は反落し1.44%台に急低し、下週末を控えた持ち高調整のドル売りが加速し、ドル円は2時過ぎには113.30円まで反落

・米国株式市場でダウ平均は反発し史上最高値を更新、S&P500種株価指数も過去最高値を更新、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は10日続伸し、史上最高値で取引を終えた

・昨日の石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」閣僚会議で追加増産が見送られたことが支えとなり、原油先物市場は買い戻しが優勢となった

・米長期金利が急速に低下し、金利を生まない金の買いが活発しドル建ての金の買いを後押し

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月6日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


11月6日6:00時点

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 

米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

豪準備銀行(RBA)四半期金融政策報告
「GDP見通しは2021年12月が+3.0%(前回は+4.0%)、2022年12月が+5.5%(前回は+4.25%)、2023年12月が+2.5%(前回+2.5%)」
「基礎的インフレ見通しは2021年12月が+2.25%(前回は+1.75%)、2022年12月が+2.25%(前回は+1.75%)、2023年12月は+2.50%(前回は+2.50%)」
「利上げについては忍耐強くある用意」
「最初の利上げは2024年となる可能性が高い」
「より高い家計資産に対する消費の反応が見通しの主要な不確実性

デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
「最近のインフレ高進の要因は本質的に一時的なもの」
「来年はインフレが低下する」

ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
「賃金インフレを防ぐために利上げが必要」
「労働市場はひっ迫していくと考えている」

ジョージ米カンザスティ連銀総裁
「インフレ圧力で辛抱強くなれるとの説得力が低下」
「供給の混乱がインフレ圧力を強めている」

テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員
「BOEはデータに基づき、慎重なアプローチが必要」
「金融政策は短期間のショックを相殺するものではない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND