11月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 11月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年11月13日

11月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・11月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が54.7と予想の59.5を下回ったことと、前日の10月米消費者物価指数(CPI)の下振れを受けて、米連邦準備理事会(FRB)が利上げペースを減速するとの見方からドル売りが進みドル円は一時138.47円と8月31日以来の安値を付けた

・ユーロドルは4時30分過ぎに一時1.0364ドルと8月11日以来3カ月ぶりの高値を付けた

・米国債券相場はベテランズデーのため休場

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月12日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 


11月12日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


11月12日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

神田財務官
「為替の変動については緊張感を持って注視し、必要なら適切な対応」
「(米為替報告書)日本の為替市場は透明性が高いと評価」

鈴木財務相
「為替市場の動向は緊張感をもって注視」
「必要な場合には適切な対応を取りたい」

バイデン米大統領
「インフレが正常な水準まで戻るには時間がかかる」

メクラー・スイス中銀(SNB)理事
「さらなる利上げは論外ではない」
「国内のインフレは高すぎる」
「インフレは中銀目標からかけ離れている」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
現在の金融政策は、インフレを抑えるのに十分ではない
明らかに物価安定の範囲を超えている
「インフレ率を下げるために行動を起こさなければならない」

テンレイロ英中銀金融政策委員会(MPC)委員
英国の労働参加率がインフレの影響で下がるとは思わない、労働需要が引き続きけん引するだろう

ハスケル英中銀金融政策委員会(MPC)委員
「価格上昇が継続すれば、金融政策の引き締めが長期化するリスクを懸念している」
「供給サイドがインフレ圧力のリスクを高めている」

デコス・スペイン中銀総裁
「9月よりもリセッションの可能性は高まっている」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND