11月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 11月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2019年11月14日

11月13日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・RBNZ(ニュージーランド準備銀行)は利下げ予想に反し、サプライズの据え置きを発表でNZD買い

・サプライズの据え置きだったものの、利下げの可能性を残したことでNZD買いは限定的だった

・香港情勢(デモ)の緊張状態が懸念され、アジアや欧州の株式相場が下落リスクオフ

・米中貿易交渉は農産物の購入めぐり暗礁に乗り上げたとの報道でリスクオフ

・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は米上下両院合同経済委員会で証言

・トランプ大統領とエルドアン大統領で首脳会談

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月14日7:00時点

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

11月14日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 ラッセル2000日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
米経済は数カ月前よりも改善している
「やや緩和的な金融政策は適切」
「失業率が低いからといって雇用市場が強いわけではない」

黒田日銀総裁
「日銀の金融政策、あくまで物価安定のため」
「中長期的な財政について信認確保が必要」

RBNZ声明
政策金利を1.00%に据え置き
必要なら一段の緩和を実施する
「金利を低水準に維持することは、インフレ・雇用目標の達成に必要」
低金利と財政出動が、国内需要と家計を支援する

オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁
必要であれば追加の金融緩和を行う
「現時点で行動する緊急性はない」
「当面の間、低金利を維持する必要」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
経済が軌道を維持する限り現行政策は適切
「基本的な見通しは良好だが留意するべきリスクもある」
「景気悪化時は財政政策による支援が重要」
労働市場が過熱しすぎているというシグナルは出ていない
「インフレは横ばい」
「高インフレよりも低インフレのリスクのほうが大きい」
「低金利だから、政府が負債を無視してよいというわけではない」
「国債の増加は持続不可能」
現時点でマイナス金利は適切ではない
FRBは政治的な要因で政策を考慮しない
「政策はデータに依存しており、適切に機能している」

トランプ米大統領

自動車関税についてかなり近いうちに決定する
「欧州はもっと難民を引き受けるべきだ」
エルドアン・トルコ大統領は最新鋭ステルス戦闘機F35について上院議員と話している、うまくいくと予測している

「トルコは偉大なNATO同盟国だ」
「エルドアン・トルコ大統領と素晴らしく建設的な会談が行われた
「トルコとの経済的な関係はとてつもなく潜在的なものがある」
トルコのロシア製ミサイル購入は米国にとって非常に重大な挑戦

 

エルドアン・トルコ大統領
「トランプ米大統領にパトリオットミサイルを適正な価格で購入することはできると伝えた」

 

 

 

 

 

RECOMMEND