11月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 11月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年11月3日

11月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・豪準備銀行(RBA)が政策金利の据え置きを発表し、3年物利回りの目標0.10%の撤廃を発表し、ただ、国債買い入れの減額や終了時期の前倒しがなかったほか、利上げの条件が整う時期についてこれまでの2024年から「一定の時間がかかる」との表現に変えると、ハト派と捉えた向きから売りが仕掛けられた

・ロウRBA総裁が記者会見で「利上げのタイミングは実に不透明」と強調したことも豪ドル売りで反応

・米国株式市場でダウ平均は4日続伸し、連日で史上最高値を更新、S&P500種株価指数も過去最高値を更新、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は7日続伸し史上最高値で取引を終了

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月3日6:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


11月3日6:00時点

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

9月21-22日分の金融政策決定会合議事要旨
「3つの柱により、企業等の資金繰り支援と金融市場の安定維持に努めていくことが重要であるとの見解で一致」
「一人の委員は、特別プログラムを含む現行の政策を継続していくことが適当であると指摘」
「一人の委員は、供給制約の長期化により、インフレ率の上振れが長引く可能性があるとの見方を示した」
「多くの委員は中国経済や中国金融システムへの影響、ひいては世界経済への影響を注視する必要があると指摘」

鈴木財務相
「為替は安定することが重要と認識、水準へのコメント控える」
「円安進行しているが財務相としての発言が影響してはいけない」
(黒田日銀総裁、山際経済再生相との3者会談後)
「為替に関する議論はなし」
「金融政策は日銀の独立性尊重」
「物価目標の実現に万全を期す」

オーストラリア準備銀行(RBA)声明
来年2月中旬まで週40億豪ドルの国債買い入れを継続する
3年債利回りの0.10%目標を撤廃
「中銀のGDP見通し、今年は3%、次の2年間でそれぞれ5.5%、2.5%を見込む」
「インフレ率は上昇したが、まだ低い」
利回り目標撤廃は経済の改善とインフレ目標に向けた予想よりも早い進展を反映
「完全雇用への復帰と目標と一致するインフレを達成するために、非常に支援的な金融条件を維持」
「RBAはインフレ率が持続的に2-3%の目標範囲内に収まるまで利上げをしない」
利上げの条件が整うには一定の時間がかかる公算
「2023年末の基礎となるインフレ率は2.5%以下」

ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
政策金利が2024年まで現在の水準に留まる可能性は依然として完全にある
最新のデータは2022年の利上げを正当化しない
利上げのタイミングについては完全に不確実性がある
「ほかの地域で見られるほどのインフレ急進はない」
最初の利上げは2024年4月より前に行われそうにないが、同時に2023年の利上げもありそうにも思える
「利回り目標を継続することもオプションの一つだった」
「その他には利回り目標の変更や対象国債を変更することもオプションにあった」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND