11月25日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 11月25日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年11月26日

11月25日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ダウ平均が3万ドルの大台に乗せるなど堅調に推移した流れを引き継いで上昇していた日経平均だが、「東京都が飲食店などに営業時間の短縮を要請し、都民に対してもできる限り不要不急の外出を控えるよう呼びかける」との報道が伝わると利食い売りから上げ幅を縮小

・アイルランドのマーティン首相がブレグジットの合意について、「厳しく、時間が無くなってきている」としたものの、「おそらく段階的に合意」と部分合意の可能性を示唆したことでポンドは堅調に推移

・NYの取引時間帯に入ると、明日は米国が感謝祭で休場となるため、ポジション調整の動きに終始

・中国外務省から「輸入された豪産石炭の多くが環境基準を満たしていない」と出てきたものの、豪ドルの反応は見られない

・前日にロバートソン・ニュージーランド財務相が「NZ中銀(RBNZ)の責務に住宅価格を追加するよう提案」したことをきっかけに、NZドル買いが強まった流れがこの日も継続、NZドル円は73.24円と19年12月以来約11カ月ぶりの高値を更新

・FOMC議事要旨では「市場や経済に一層の支援を提供するため、資産購入プログラムをどのように調整できるかについて討議された」ことがわかり、また、「当局者らは資産購入プログラムが経済に緩和効果をもたらしたとの見解で一致」「一部の参加者は将来的に対象年限が長期化するとの見通しを示した」ことが明らかに

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月26日7:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

11月26日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

オアNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁
緩和政策がなければ、NZドルは今よりも5-10%高くなる
「政策目標に変わりはない」
中銀の独立性に懸念はない
政府からの住宅価格に関する書簡に驚きはない

米格付け会社ムーディーズ・インべスターズ・サービス
豪州は健全で多様な経済基盤を背景に2021年は力強い成長に戻る
「パンデミックへの対応はショックに対する財政政策の活用により柔軟性と能力を浮き彫りにした」
「ソブリンの信用力が大幅に低下するとは考えていない」

メルシェ欧州中央銀行(ECB)理事
第4四半期のプラス成長維持はおそらく難しい

中国外務省
輸入された豪産石炭の多くが環境基準を満たしていない

ルメール仏財務相
「クリスマスまで、毎週日曜日に店舗をオープンさせることに賛成

フォンデアライエン欧州委員長
英国と合意に至るよう全力を尽くすが、合意できるかはまだ確実ではない」
「英国との交渉に進展は見られたが、まだ大きな隔たりは残る」
今後数日が重要であり、EUは合意なしシナリオも準備

ビロル国際エネルギー機関(IEA)事務局長
「原油需要の構造的な減少はみられない」
今年の中国のエネルギー需要はわずかながらも前年を上回るだろ

エルドアン・トルコ大統領
「連立を組む民族主義者行動党(MHP)と司法、経済の改革を進める」

ジョンソン英首相
漁業権に対する立場は変わらず、欧州連合(EU)が受け入れなければ交渉進展はない
「移行期間は延長しない」
「北アイルランド国境のビジネスを支援するため、現実的な取り決めを望んでいる」

スナク英財務相
「英国経済はこの300年で最も縮小」
「2020年のGDP予測は-11.3%(7月予測-12.4%)」
「2021年のGDP予測は+5.5%(7月予測+8.7%)」
「2022年のGDP予測は+6.6%(7月予測+4.5%)」
「2023年のGDP予測は+2.3%(7月予測+2.1%)」

マーティン・アイルランド首相
交渉はおそらく段階的に合意される可能性
「余分な時間があれば時々良い結果を得ることができる」
(ブレグジットの合意)厳しく時間が無くなっている

ムニューシン米財務長官
「パウエルFRB議長と極めて良い関係にある」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「当局者らは資産購入がどのように進むかますます焦点を当てている」
一部の当局者は最終的な財務省証券購入の加重平均満期を延長することを期待
当局者は現在の量的緩和のペースと構成が効果的であると認識
「当局者は資産購入のペースと構成をすぐに調整する必要はないと判断したが、債券購入の変更を正当化する状況に変わる可能性もあると認識」
「当局者は、資産購入に関する委員会のガイダンスを適切に強化するための潜在的な次のステップについて継続的に慎重に検討」
当局者は来年まで現在のペースで、その後数年間はペースを落として資産購入を継続することを概ね期待

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND