11月28日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 11月28日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年11月29日

11月28日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ゼロコロナ政策への不満が中国各地でデモ活動として拡大していることで、中国の政治・経済不安が人民元売りになっ

・中国でのゼロコロナ政策に対する抗議活動などを嫌気して週明けの香港・上海株が大幅に下落したほか、WTI原油先物価格が大幅安となり、リスクオフの円買いが進んだ

・ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁は「中銀はインフレ抑制のため一段の行動を取る必要」「追加利上げは経済のバランス回復に役立つ」などと述べたほか、ブラード米セントルイス連銀総裁は「市場はFOMCがより積極的になる可能性があるリスクを過小評価」「(政策金利が)経済に制約的になる道のりはまだ長い」などと米連邦準備理事会(FRB)高官らのタカ派的な発言からドル買いが進む場面があった

・欧州連合(EU)はロシア産石油の価格上限設定をめぐり合意に至ってないことや、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」が12月4日の会合でより大幅な供給削減を検討するとの一部報道が原油価格の下支えとなった

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月29日7:00時点

 

 

 

 

 

 


11月29日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


11月29日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ロペスオブラドール・メキシコ大統領
「2022、2023、2024年の経済成長は少なくとも3.5%を予測」

ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
「賃金上昇はインフレ率の目標値への回帰と一致」
「人口増加に伴う住宅供給に対して懸念」
「財政設定は金融政策に顕著な影響を与えない」
「来年は賃貸圧力が高まる見込み」

黒田日銀総裁
「現時点で政府・日銀の役割を見直す必要があるとは思わない」
賃金上昇に伴う2%物価目標の達成を目指すのが責務

シルクNZ準備銀行(RBNZ)副総裁
「リセッションの予想は浅く、テクニカル的なものになるだろう」
消費などの高頻度のデータをよく見ていき、次回の消費者物価指数(CPI)で2月(の金融政策)は決定する
「インフレが転じる必要がある」
「金融引き締めを減速するにはインフレ期待が下がる必要がある」

クノット・オランダ中銀総裁
「ユーロ圏の第4四半期成長率は、マイナスに転落する可能性」
「リセッション(景気後退)は既定路線ではない」
「インフレ目標を達成するには、ユーロ圏の景気減速が不可避」

カジミール・スロバキア中銀総裁
「インフレ抑制の必要性から利上げは継続される」
「ユーロ圏の景気後退リスクは高まっている」
「不利な経済状況にもかかわらず利上げを継続する」

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
「決定は会合ごとの評価に従う。データ次第」
「成長率は今年の残りと来年の初めに引き続き弱まると予想」
「堅調な労働市場が賃金上昇を後押しする可能性が高い」
追加利上げを予想

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
「中銀はインフレ抑制のため一段の行動を取る必要」
追加利上げは経済のバランス回復に役立つ
米失業率は3.7%から4.5-5.0%に上昇すると予想
インフレ率は年末までに5.0-5.5%、2023年後半までに3.0-3.5%に低下するだろう
「今年と来年は緩やかな成長が見られる」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「市場はFOMCがより積極的になる可能性があるリスクを過小評価」
「2024年に入っても利上げを継続する必要も」
「インフレを抑えるには金利を引き上げる必要」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND