11月3日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 11月3日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年11月4日

11月3日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・豪準備銀行(RBA)が市場の予想通り、政策金利や3年物目標金利をそれぞれ0.10%へ引き下げ、国債買い入れの期間をこれまでの2-4年から5-10年と長めにしたほか、声明で「少なくとも3年間は政策金利を引き上げることはない」と長期的な低金利政策を認める見解を示したことで豪ドル売りが優

・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁がマイナス金利の導入に消極的な姿勢を示すと豪ドルは反転上昇

・米民主党候補バイデン氏の優勢が伝えられる中、結果判明後の株高期待を受けて、欧米の株価指数が軒並み上昇、「バイデン政権」の誕生によって大型の財政出動が期待され、経済が支えられるとの見方からダウ平均は一時680ドル超上昇

・「ナゴルノ・カラバフ紛争やシリア内戦など周辺域の地政学リスク、泥沼化するフランスとの関係、外貨準備高の枯渇、新型コロナで低迷する観光業、サウジアラビアのトルコ製品ボイコット、米国による制裁」など、様々な懸念材料からリラ安が進み、対ドルで一時8.5434リラ、対円で12.24円と史上最安値を連日で更新

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月4日7:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

11月4日7:00時点

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

カナダ政府
「カナダへの旅行者へ新たな条件を発表」
「カナダへの旅行者は到着時に連絡先と旅行先の詳細を情報提供する」
「情報を提供しなかった場合、1000カナダドルの罰金の措置」

トランプ米大統領
ペンシルベニア州の郵便投票期限の延長を認めた米最高裁の判断は非常に危険
「不正行為が横行し法のシステム全体を弱体化させ、街頭での暴力を誘発」
「何かをしなければならない」

オーストラリア準備銀行(RBA)声明
雇用とインフレの両方の見通しを考えると、金融・財政支援はしばらくの間必要
インフレ率が2-3%の目標範囲内に持続的に収まるまでは利上げは行わない
少なくとも3年間は政策金利を引き上げることはないと考えてい
「雇用とインフレの見通しの変化を考慮して、債券購入プログラムの規模を検討中」
「必要に応じて、より多くのことを行う準備」
3年物国債利回りの目標値を0.1%程度に引き下げる
タームローンの新規借入金利を0.1%へ引き下げ
今後半年間で5-10年程度の満期の国債1000億豪ドルを購
「景気回復が進んでおり、9-12月期のGDPはプラス成長が見込まれている」
「パンデミック前の水準に達するまでには時間がかかると思われる
「2022年末の失業率は6%程度になると予想」
「今後数年間は賃金や物価の上昇は緩やかになると予想」
「インフレ率は2021年に1%、2022年には1.5%を見込む」

ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
「国債買い入れ規模を拡大する可能性」
「5年債利回りの目標は妥当ではない」
「さらなる政策を投じる準備はある」
マイナス金利の可能性は非常に低いと依然として見込んでいる
「ビクトリア州がGDPを1.5-2%押し下げる」
マイナス金利に突入する意欲はない
「方向性は正しいというのがメンバーのコンセンサス」
「豪ドルはファンダメンタルズからそれほど遠くない」
「豪ドルは政策金利緩和の主な要因ではない」
「RBAは、機能不全の場合にのみ為替市場に介入する」
弱い豪ドルを望んでいる
我々は明らかにまだリセッションの中にある

欧州連合(EU)
(英・EU)漁業問題を巡る合意を得ていない
「依然として多くの作業が残っている」

英政府
(英・EU)漁業問題でさほど進展なし

シュナーベル欧州中央銀行(ECB)専務理事
「コロナ危機終了後、我々は再び通常の政策手段を使わなければならない」

4日00:23 エルドアン・トルコ大統領
コロナ対策として(現地時間)午後10時からレストランやプール、理髪店などを閉鎖へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND