11月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 11月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年11月9日

11月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・NZ最大都市・オークランドの規制緩和を認める方針を示したことが材料視されNZドル円は一時81.05円まで上昇

・クラリダFRB副議長が「利上げを検討するのはまだずっと先だ」「政策金利を引き上げる必要条件は2022年末までに満たされる可能性」と述べたことで米ドルの重しに

・米国株式市場でダウ平均は続伸し史上最高値を更新、S&P500種株価指数も過去最高値を更新、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は11日続伸し、史上最高値で取引を終了

・イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は6日、保有するテスラ株の一部を売って納税すべきかどうかを問う投票をツイッター上で実施し、賛成が多数を占めると、同氏による株売却で需給が悪化するとの見方から、同社株は一時7%超下げる場面があった

・クオールズ米連邦準備理事会(FRB)理事は12月末で退任する意向を表明

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月9日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


11月9日7:00時点

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト
現在の状況で金融政策を引き締めることは逆効果
「供給不足やエネルギー価格の上昇が長期化すれば、回復を遅らせる可能性」
「インフレ率は一時的に高いが、来年にかけての低下を予想する確固たる理由がある」

ブラード米セントルイス連銀総裁
「失業率は来年第1四半期に4%を下回るだろう」
2022年に2回の利上げを見込む

クラリダ米連邦準備理事会(FRB)副議長
「2022年末までにパンデミック前の雇用水準が完全に回復し、失業率は3.8%へ低下する見込み」
利上げのベンチマークは2022年末までに満たされる可能性がある
「インフレ期待は中央銀行にとって非常に重要であり、しっかりと評価していく」
「供給ショック、1950年代以降で最大」

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「テーパリング完了前の利上げはないと予想」

ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事
当面、住宅市場の影響でインフレ率が高くなる可能性がある

エバンズ米シカゴ連銀総裁
「現在のインフレ率の急上昇の多くは一時的なもの」
「インフレ見通しに対するリスクは昨年の夏よりも大きい」
「見通しの不確実性により、利上げを遅らせたり、前倒ししたりする可能性がある」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND