11月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 11月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年11月9日

11月8日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・英国経済がリセッション(景気後退)に陥る可能性が高まっているにもかかわらず、中期財政計画で増税が打ち出されることなどを嫌気したポンド売りも出た

・市場では「本日投開票の米中間選挙や10日発表の10月米消費者物価指数(CPI)など、米重要イベントを前に持ち高調整目的のドル売りが出た」との声が聞かれ、全般ドル売りが先行し主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時109.37と9月20日以来の低水準を付けた

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


11月9日6:00時点

 

 

 

 

 

 


11月9日6:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


11月9日6:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁
量的引き締め(QT)は遅かれ早かれ実施されるが、2023年には確実に開始される
「次回会合での決定は、12月の新たな予測値と11月のインフレ予想に基づいて行われる」
「インフレ率は今後数カ月は現在の水準程度で推移し、来年前半には低下するだろう」
「平均すると、インフレ率は23年上半期に低下傾向が見られるとしても、非常に高い水準にとどまるだろう」

ナーゲル独連銀総裁
インフレ抑制のために追加利上げが必要
「利上げの規模は、データと見通し次第」

ジョーダン・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)総裁
「金融政策決定は物価安定への確固たるコミットメントに基づくべき」
「金融政策の決定はインフレ予測のみに基づくものではない」
「インフレ率が目標レンジから持続的に変動するリスクを高めるならば、断固とした行動が必要で」

ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト
もっとやるべきことがあり、金融引き締めのために利上げが必要
毎回の会合において、あらかじめ決められたペースで動くつもりはない
「我々は景気後退に突入している」
「BOEはインフレ率を持続的な2%に戻すために必要なことをするつもり」
前倒しの利上げには懐疑的
「ヘッドライン・インフレは来年に鈍化を見込む」

ブレマン・リクスバンク(スウェーデン中銀)副総裁
「次回の理事会の前に利上げ幅に関しては何も除外することが出来ない」
「インフレのリスクは上サイドだけというわけではなくなった」
「インフレが低下している兆候があるというのは早すぎる、まだ行動を継続しなくてはならない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND