12月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 12月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2019年12月12日

12月11日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・FOMC政策金利据え置き発表

・FOMC声明文では2020年は据え置き姿勢

・パウエルFRB議長の記者会見では慎重な姿勢が目立った

・YouGov獲得議席予想で保守党が獲得議席数予想を減らし労働党が伸ばしたことでポンドが一時下落したものの行って来いの状態

・FOMCと英選挙を控えてポンド以外は動きづらい状況

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


12月12日7:00時点

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

12月12日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 ラッセル2000日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ナバロ米大統領補佐官(通商製造政策局長)
15日の対中追加関税を延期させるかは大統領が決める
「その決定はまもなくされるだろう」

チャヴシュオール・トルコ外相
露製ミサイルS400を巡ってトルコに対して米国が否定的な行動をとれば報復するだろう

黒田日銀総裁
「来年の世界経済は全体として比較的明るいのではないか」
「米中経済はしっかりしている」

格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)
「経済成長が回復しなければ、インドは格下げの可能性」

パーデュー米農務長官
「米国が追加関税を発動しないことを望む」

米連邦公開市場委員会(FOMC)声明
労働市場は力強く推移し、経済活動が緩やかなペースで拡大していることを示唆
「雇用の伸びは概してここ数カ月堅調で、失業率は低いままだった
「家計支出は力強いペースで増加したが、企業の設備投資と輸出は弱いまま」
前年同月比で見ると、全体のインフレ率と食品やエネルギー以外のインフレ率は2%を下回っている
将来のインフレを示す市場ベースの指標は低いままで、調査に基づいた長期的なインフレ期待の指標はあまり変わっていない
「委員会は法律上与えられた責務に従って、雇用最大化と物価安定の促進を目指す」
金融政策の現在のスタンスは、経済活動の持続的な拡大、強い労働市場の状況、および委員会の対称的な2パーセント目標に近いインフレをサポートするのに適切であると判断
「委員会はFF金利の目標誘導レンジの適切な道筋を見極めるに当たり、経済の見通しについて今後もたらされる情報の意味合いを引き続き注意深く監視する」
「FF金利の目標誘導レンジの将来的な調整の時期と規模を決めるに当たり、委員会は最大雇用の目標と対称的な2%のインフレ目標との比較で経済状況の実績と見通しを評価する」
「この評価は、労働市場の状況に関する指標、インフレ圧力やインフレ期待の指標、金融動向や国際情勢の解釈を含む幅広い情報を考慮する」
「決定は全会一致」

前回の声明から「見通しに対する不確実性は残る」との文言を削除

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
米経済見通しは依然として好ましい
「家計セクターは堅調。緩やかな経済成長が続くと想定」
「雇用市場は引き続き堅調な見通し」
今年の利下げで米経済見通しを維持
現在の金融政策スタンスは引き続き適切である可能性
「見通しの重大な変更に応じて対処していく」
「利上げの必要性、1990年代半ばの利下げサイクル時より低い
「利上げには著しく持続性のあるインフレ加速が必要」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND