12月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 12月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2019年12月13日

12月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・米中協議合意が近付いている、対中追加関税第4弾の取りやめと既存の3500億ドルに対する関税引き下げを検討と伝わるとリスクオンに傾きドル円急騰

・ECB理事会は据え置きを発表、ラガルドECB総裁の記者会見では想定よりもハト派な内容にはならず

・ラガルドECB総裁はガイダンスの方法や投票結果公表など理事会改革案も発言

・トルコ中銀は1.5%利下げ予想を上回り、2.0%利下げを発表

・英国総選挙の出口調査では保守党368:労働党191と発表されたことでポンド急騰

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


12月13日7:00時点

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

12月13日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 ラッセル2000日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

雨宮日銀副総裁
「最も注意が必要なのは世界経済を中心とした物価・経済の下振れリスク」
モメンタムが損なわれる恐れが高まる場合、ちゅうちょなく追加緩和
「10年債金利の動きはイールドカーブコントロールの調整方針の範囲内の動き」
「イールドカーブコントロールに大きな問題が生じているとは思っていない」

スイス国立銀行(SNB)声明
スイスフランは依然として高く評価されている
「為替市場の状況はなおぜい弱」
SNBは必要に応じて為替市場で引き続き活動する
「インフレ見通しは2019年が0.4%(前回と同じ)、2020年は0.1%(前回は0.2%)、2021年は0.5%(前回は0.6%)」
「GDP見通しは2019年が1.0%付近(前回は0.5-1.0%)、2020年は1.5-2.0%」

ジョーダンSNB(スイス国立銀行)総裁
「世界のリスクは依然として下方向に傾いている」
マイナス金利がなかったらフランは急速に上昇するだろう
「マイナス金利の効果はコストを上回っている」

欧州中央銀行(ECB)声明
「インフレ見通しが2%に近いが、2%未満のレベルにしっかりと近づくまで政策金利を現行かさらに低い水準にする」
必要な限り債券買入れを継続

ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁
景気は安定化の兆しがいくぶん見られる
「インフレの動向や緩和の影響を注意深く監視」
ECBは必要に応じてあらゆる手段を講じる
「ECBのスタッフ予想では2019年のGDP成長率見通しは1.2%(9月時点1.1%)、20年は1.1%(9月時点1.2%)、21年は1.4%(9月時点1.4%)、22年は1.4%」
「ECBのスタッフ予想では2019年のインフレ見通しは1.2%(9月時点1.2%)、20年は1.1%(9月時点1.0%)、21年は1.4%(9月時点1.5%)、22年は1.6%」
リスクは下サイドに傾くが、あまり深刻ではない
ECBの戦略検証は2020年1月中に開始。20年末までに完了することを目指す
「マイナス金利は機能しているようだ」
「ECBはマイナス金利の副作用を非常に強く認識。最大の関心事

トランプ米大統領
「中国との大きな合意に非常に近づいている」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND