12月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 12月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年12月3日

12月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ロウRBA総裁が議会証言で「さらなる措置を行う用意がある」としながらも「マイナス金利導入の可能性は非常に低い」「経済の回復は予想よりも良い可能性」「経済の危機を脱した」などタカ派な見解が目立ったことや、7-9月期のGDPが市場予想を上回ったことで豪ドルは堅調に推移

・CNNは、米医薬モデルナ社が開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、最初の出荷分は22日に配送されると報じている

・バルニエ欧州連合(EU)離脱首席交渉官が「英国との交渉では漁業など3つの主要問題が解決できておらず、合意なきEU離脱となる可能性がある」との見解を示したことなどからポンドは下落

・英政府は、医薬品・医療製品規制庁(MHRA)が米製薬大手ファイザーと独バイオ医薬品企業ビオンテックが共同開発した新型コロナウイルスのワクチンを承認したと発表

・「ペロシ米下院議長(米民主党)とシューマー米上院院内総務(米民主党)は交渉の叩き台として超党派案を支持する」と一部報道により、景気対策案の期待が高まった

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


12月3日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

12月3日7:00時点

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックス

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

エバンス米シカゴ連銀総裁
「政策金利は23年まで、若しくはその先もゼロ近辺に維持される可能性」
「さらなる財政支援が役立つ」
「イエレン氏は素晴らしい財務長官になるだろう」

ロウ豪準備銀行(RBA)総裁
「経済の危機を脱した」
「賃金と物価の圧力は抑制されたまま」
マイナス金利導入の可能性は非常に低い
「さらなる措置を行う用意がある」
「経済の回復は予想よりも良い可能性」
第3-4四半期はしっかりとしたプラス成長を見込む
「第3四半期のGDPの結果は良かった」
格下げについては心配していない
「パンデミックが経済と投資に永続的な損害を与えた」

雨宮日銀副総裁
「わが国の景気は引き続き厳しい状態にあるが、持ち直している」
「現時点では、デフレ期にみられたような企業が値下げにより需要喚起を図る行動は広範化していない」
「必要があれば、躊躇なく追加的な金融緩和措置を講じていく方針
「必要と判断すれば、新型コロナ対応特別プログラムの期限を延長する考え」

フライデンバーグ豪財務相
ビクトリア州でのロックダウン再開がなければ、第3四半期GDPは+5%になっていただろう
「第3四半期GDPは回復に向けた一歩」
「豪経済は回復しつつある」

カザークス・ラトビア中銀総裁
「TLRTOを3年から5年に延長することを検討する可能性」
「TLTROの担保として他の資産を検討すべき」
「PEPPの5000億ユーロ拡大と1年延長に反対しない」

オア・ニュージーランド準備銀行(RBNZ)総裁
経済成長のリスクは依然として下向きに傾斜
「新型コロナウイルスの感染拡大よるリスクは継続」
「経済にリバウンドが確認できることは好ましい」

ハンコック英保健相
「英国が最初のコロナワクチン使用認可国になることは誇らしい」

ムニューシン米財務長官
トランプ米大統領はマコネル上院院内総務(共和党)の景気対策法案に署名する
「イエレン氏と融資プログラムについて協議した」

ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁
「21年第1四半期まで緩やかな経済成長を予想」
「ワクチンの使用が可能になれば、21年下半期は経済成長が回復すると見込む」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
長期的にはバランスシートを必要以上に拡大したくない
景気刺激策の終了はかなり先の話だ

コベニー・アイルランド外相
「英国と欧州連合(EU)との通商交渉は合意可能」

米地区連銀経済報告(ベージュブック)
米経済活動はほとんどの地区で僅かから緩やかに拡大
ほぼすべての地区で雇用は増加したものの、ペースは遅く回復は不完全なまま
「製造や住宅建設、既存の住宅販売は平均以上の成長を示す傾向が見られた」
「一部のセクターはパンデミック前のレベルを下回ったまま」
「フィラデルフィアと中西部の3つの地区では、新型コロナが急増したため、11月初旬に活動の鈍化が見られた」

メルケル独首相
新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、部分的なロックダウン(都市封鎖)を来年1月10日まで延長

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND