12月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 12月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年12月21日

12月20日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・前週末の米国株式相場が下落した流れを引き継いで売りが先行、アジア時間には中国人民銀行(中央銀行)が1年8カ月ぶりとなる利下げを発表したが、中国経済の弱さが意識させたことで相場はリスク回避姿勢を強める格好になり、後場に入ってもさえない動きが続き、日経平均は一時650円超下落

・「先週の欧州中央銀行(ECB)理事会で多数のメンバーがインフレの上振れリスクを認めるべきと主張していた」との一部報道がユーロ買い・独債売りに繋がったとの見方が広がった

・エルドアン・トルコ大統領が週末の演説で追加利下げについて言及したことが嫌気され、トルコリラは下落に歯止めがかからず、本日も史上最安値を更新、リラ円は6.17円まで売り込まれ、18リラ台に乗せたドルリラが18.3633リラまでドル高リラ安が進んだ

・エルドアン・トルコ大統領がリラ預金の保護を含む新たなリラ支援策を講じる姿勢を示し、10億ドルの為替介入を実施、また、流動性が薄いなかでショートカバーが一気に進みトルコリラは急騰

・世界的に新型コロナウイルスの変異型「オミクロン株」の感染が拡大し、行動規制による景気後退懸念が高まり、景気敏感株を中心に売りが広がり、指数は一時700ドル近く下落

・マンチン米上院議員が1.75兆ドルの大型歳出法案に反対を示し、議会の通貨が難しくなったことも株価下落の要因となっている

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


12月21日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


12月21日7:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

黒田日銀総裁
「物価は2%に相当遠く、政策の正常化プロセスを考えるのは時期尚早」

独政府関係筋
ドイツ連銀の次期総裁に、ナーゲル元独連銀理事を起用する方針

独連銀
「ドイツ経済は今四半期にマイナス成長になる可能性」

マンチン米上院議員
バイデン大統領の経済対策は処方薬のコスト削減に不十分
受け入れ可能な景気対策規模は明白にしている
「インフレは我々が直面している最も深刻な脅威」

トラス英外相
北アイルランド議定書について、21日にセフコビッチ欧州委員会副委員長と話し合う
「我が国の全ての人々のために、包括的な解決策を望む」

エルドアン・トルコ大統領
「金融市場の変動や物価上昇、経済ファンダメンタルに基づいていない」
「為替の変動緩和のため、自由な市場経済のルールで対策を実施している」
「トルコに対する攻撃や陰謀には屈しない」
為替変動の負担を軽減するため、新たな金融対策を実施する
利下げにより数カ月でインフレ率が下がる
「現在の路線を継続することで、為替レートとインフレ率は安定するだろう」
「総選挙の前倒しはない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND