2月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 2月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2020年2月14日

2月12日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

 

◎昨日の注目点

 

 

・メルケル独首相の後継者とされていたクランプカレンバウアー氏が失脚、独政治の先行き不透明感を背景としたユーロ売り

・パウエルFRB議長の上院議会証言

・RBNZは政策金利を据え置き、声明文・記者会見で「21年3月まで金利水準を維持する」「現時点では新型コロナウイルスの影響で利下げをする必要はない」としたことでNZドル買い

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


2月13日7:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


2月13日7:00時点

 

 

 

ダウ平均日足チャート

 

 

 

 ラッセル2000日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

格付け会社スタンダード&プアーズ(S&P)
新型肺炎、中国の20年GDPを0.7%押し下げ5.0%へ
「新型肺炎の影響のピークは第1四半期」
新型肺炎、20年世界GDP伸び率を0.3%押し下げ

オブライエン米大統領補佐官
「新型肺炎、中国による米農産物の購入規模に影響を与える可能性

ニュージーランド準備銀行(RBNZ)声明
必要であれば政策を調整する時間がある
「新型肺炎の全般的な影響は短期的」
「低金利は引き続き必要」
経済成長、20年下半期に加速すると予想
20年6月時点の政策金利予想は1.01%、前回0.9%

オアNZ準備銀行(中央銀行、RBNZ)総裁
家計消費の伸びが加速する多くの兆しがある
「新型コロナウイルスの影響は6週間続く見込み」
現時点では新型コロナウイルスの影響で利下げをする必要はない
1.00%の政策金利は非常に刺激的

スウェーデン中銀
強かったスウェーデンの経済活動は弱含み、均衡が取れ始めてい
「経済見通しとインフレの見通しが変わったら、金融政策を必要に応じ変更する」
「コロナウィルスは短期的に世界経済の成長を減速させるが、長期的には現時点では評価できない」

マクルーフ・アイルランド中銀総裁
「コロナウイルスの影響は不確実性とリスクを増大させている」
「結論を出すのは時期尚早だが、短期的には世界経済の成長にマイナスのショックを与える可能性」

レーン欧州中央銀行(ECB)専務理事兼チーフ・エコノミスト
「緩やかで、目に見えるかたちのインフレ率の上昇を予測」
「コロナウイルスにより短期的にかなり深刻な打撃を受ける可能性がある」

デイリー米サンフランシスコ連銀総裁
「米経済は逆風の後の嵐を乗り切るのに適した状態にある」
「企業は昨年末よりも良い場所にあると楽観視」

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長
「必要なら政策手段を積極的に活用」
連邦債務の伸びをGDP成長率より低く抑える必要

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND