2月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 2月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年2月17日

2月16日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ウクライナ情勢を巡る過度な警戒感が後退したことを背景に日本株は序盤から買いが優勢となり、日経平均株価は午後に一時600円超高まで上昇

・ブリンケン米国務長官が「ロシア軍撤収の証拠はない」「ロシア軍主力部隊はむしろ国境に接近している」と述べると、一時的に米長期金利の低下とともに円買い・ドル売りが優勢となった

・北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長はこの日、「ロシア軍の撤退は確認されておらず、逆にロシアは軍の増強を続けているようだ」と指摘し、ロシア軍の動向を慎重に見極める姿勢を示している

・1月英消費者物価指数(CPI)が前年比で5.5%上昇と予想を上回り、1992年3月以来約30年ぶりの伸びを記録しポンド買いが優勢

・FOMC議事要旨では「当局者はバランスシートの大幅縮小が適切と認識」「バランスシートの計画は今後数会合で決定」「多くの当局者は将来のMBS売却の可能性を認識」との内容が明らかになったが、バランスシート縮小について明確なガイダンスは示されなかった

・米エネルギー情報局(EIA)が発表した在庫統計で、原油在庫は112.1万バレルの積み増しと在庫減の予想に反して増加したことで、一時的に原油先物市場では売りが進んだ

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


2月17日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


2月17日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

バイデン米大統領
「米国はロシアとの外交的関与の準備ある」
「ロシアがウクライナに侵攻する可能性はまだ高い」
「ロシア軍部隊の撤収はまだ確認していない」
「ロシアがウクライナに侵攻すれば断固として対応する用意」
「米国は何が起きても準備できている」

鈴木財務相
「物価上昇は家計所得を圧迫し、消費に影響する可能性がある」
「物価の動向が経済に与える影響にしっかり対応しないといけない
「日銀は2%目標へ適切に金融政策を進めていると承知」

易綱・中国人民銀行総裁
「緩和的な金融政策の柔軟性を維持する」
「中国経済は今年中に潜在成長率を回復すると予想」

黒田日銀総裁
YCCの元で強力な緩和継続が2%目標達成に
「大規模緩和は企業倒産減で金融機関の信用コスト減に寄与」
「大規模緩和がなければ経済停滞で金融機関の経営にマイナス」
現時点で緩和からの出口を検討する段階にない
今後も海外長期金利の急速な上昇があれば、当然指値オペを使う
今は長期金利の上限0.25%程度を変えるつもりはない
「金融緩和が間違っているとは思わない」

ストルテンベルグNATO事務総長
ロシアが侵攻する可能性はまだある

ロシア政府
「NATOがロシア軍の撤退の証拠がないと言うのは間違っている
「プーチン露大統領は交渉したいと強調している」
「バイデン米大統領が協議に意欲的であることはポジティブ」

ゼレンスキー・ウクライナ大統領
ロシア軍の撤退はまだ確認できていない
17日02:38
「ロシア軍の撤退は確認していない」

カザークス・ラトビア中銀総裁
今年の利上げはペースが速くなる可能性
「国債買い入れは第3四半期に終了するだろう」
「急速な引き締めによって事を荒立たせてはいけない」

ブリンケン米国務長官
ロシア軍撤収の証拠はない

カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁
「FRBはインフレ抑制のために出来ることをする」
「FRBは利上げや金融引き締めで需要を緩和できるものの、供給サイドの問題に対処できない」
「インフレ率が年内に目標の2%に戻る可能性は低い」
「インフレ率は年末に3%に近づく見込み」
「我々が積極的に利上げすれば、経済が景気後退(リセッション)に陥るリスクも」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
当局者はバランスシートの大幅縮小が適切と認識
「当局者は近く利上げが適切になると認識」
バランスシートの計画は今後数会合で決定
大半の当局者は2015年よりも速いペースの利上げが適切と認
多くの当局者は将来のMBS売却の可能性を認識
「当局者はインフレが低下しなければ引き締めペース加速を認識」
「当局者は金融政策の適切なスタンスを評価する際に、今後の情報が経済見通しに与える影響を引き続き監視し、リスクが発生した場合に金融政策のスタンスを適切に調整する準備をすることに同意」
「インフレ圧力の高まりと強い労働市場を考慮して、FF金利の目標範囲をまもなく引き上げることが適切との認識を反映するため、声明を更新する必要があることに同意」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND