2月17日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 2月17日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年2月18日

2月17日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・1月米小売売上高と1月米卸売物価指数(PPI)が予想を上回ったことをきっかけに米10年債利回りが一時1.3294%前後まで上昇

・ダウ平均は3日続伸し史上最高値を更新、一方で米金利上昇懸念から高PER銘柄への売りが目立ち、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は続落

・原油先物相場は米国テキサス州を中心とする大寒波で、複数の精油施設が閉鎖されていることによる原油供給懸念が先物価格を押し上げ、昨年1月以来となる水準まで続伸

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


2月18日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

2月18日7:00時点

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

デイリー米SF連銀総裁
「インフレが高すぎることは、現時点で考えるリスクではない」
「インフレへの圧力は下向き」
「望ましくないインフレがすぐに起こるとは思わない」

ケント豪準備銀行(RBA)総裁補佐
「政策対応がなかった場合に比べて、豪ドルは最大5%安い」
政策対応に伴う豪ドルへの下落圧力は今後も続く

アーダーンNZ首相
オークランドの都市封鎖(ロックダウン)を今夜解除する
「新型コロナウイルスの感染拡大はおさまりつつある」

菅首相
「株価は低いより高いほうがいいに決まっている」
「GDPをみれば景気は持ち直していることも確か」
「ETF買い入れについて、金融政策の手法は日銀に委ねるべき」
「日銀には適切な政策運営を期待したい」
「ETF買い入れについて、黒田総裁は株価のためではなく金融政策の一環と説明」

英国家統計局
「1月CPIに対するBREXITの明らかな影響は見られなかった」

茂木外相
「在日米軍駐留経費、日米で合意」
「バイデン政権の日米同盟強化の方針を歓迎」

ドラギ伊首相
イタリアは2022年末までにパンデミック前のレベルを取り戻すことはないだろう
「イタリア経済はすでにパンデミック前に遅れをとっていた」
EUは不況と戦うために共通の予算を必要

独保健相
「新型コロナウイルス変異株の感染はドイツで急速に広がっている
「変異株の割合は高くなっているが、全体の新規感染者数は減少している」
「1000万回分のワクチンが来週到着し、ワクチン接種のペースを大幅に加速することができるだろう」

バーキン米リッチモンド連銀総裁
「小売売上高の上昇はおそらく刺激策が要因」
「FRBは2021年は楽観的」

ローゼングレン米ボストン連銀総裁
「労働市場は依然として混乱」
「非常に大きいギャップのある労働市場を修正するためにやるべきことが多くある」
「現在、すべての主要なインフレ指標は非常に低い」

ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
現在の金融政策は適切
「政策が見通しに対する下振れリスクに強く傾倒することは引き続き適切」
「量的緩和が金融政策ツールとして意図した通りに機能すると確信
単純マイナス金利を実施する準備ある

カプラン米ダラス連銀総裁
「追加刺激策は経済成長、雇用、インフレを促し、すべてを均等にする」
「ウイルスへの対応がいまだに一番の経済への懸念」

米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨
「実質的な進展が見られるまでには時間がかかる可能性」
「QEの方針変更前にコミュニケーションが重要」
「12月予測と比較して2021年はかなり強い見通しを示唆」
「12月の労働市場の状況は全体として悪化」
「金利が実効下限に近づいていることもあり、委員会は雇用とインフレに対する下向きのリスクが高まっていると判断」
「ウイルスの経路と財政政策に対する見通しは金融市場の主な推進力」
「民主党の過半数獲得は追加経済対策に対する投資家の期待を後押し」
「一時的なインフレ要因に留意することが重要」
「刺激策とワクチンが景気を大きく押し上げる」
「中期的な見通し、声明変更に十分なほど改善した」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND