2月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 2月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年2月19日

2月18日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・「来週後半、ブリンケン米国務長官とラブロフ露外相がウクライナ情勢に関して会談を行う」との報道を受けて、週末のロシアによるウクライナ侵攻の可能性が低下したことで、リスク回避緩和による円売り

・ロシア政府側からウクライナ東部のドンバスの状況に関する悲観的な見解が示されたほか、ウクライナ周辺のロシア兵が増大しているとの情報が伝わると、地政学リスクは緊張感が高まっている

・ウクライナ政府と親ロシア派武装勢力は本日も相手側が停戦合意を破り、攻撃を仕掛けてきたと互いを非難、「ウクライナ東部ドネツク市で大規模な爆発があった」と伝わるなど、東部情勢は緊迫している

・「欧州中央銀行(ECB)当局者らは資産購入を9月終了することで一致し、年内の利上げに傾きつつある」との観測報道を受けてユーロに買い戻しが入る場面もあった

・ECBは「理事会メンバーが24日にパリで非公式会合を行う」と発表し、ラガルドECB総裁はツイッターで「これは久しぶりの対面での会合であり、幅広い議題を協議する機会だ」などとツイート

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


2月19日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


2月19日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

メスター米クリーブランド連銀総裁
「バランスシートの縮小、直ぐに前回を上回るペースで行うのが適切」
「インフレは22-23年に2%を上回る水準となり、リスクは上向き」
「インフレが後退しなければ、年後半は引き締めペースを速めることができる」

鈴木財務相
「足もとの物価上昇、為替による影響もあるが主に原油などのエネルギー価格上昇によるもの」
「新型コロナ危機の最中にあり、必要な財政出動は躊躇なく行う段階」
「足もとの財務状況、よりいっそう厳しさを増しているのは事実」

内田日銀理事
現在の金融緩和を修正する状況にない
「2%の物価安定目標を目指し強力な緩和を継続」

カジミール・スロバキア中銀総裁
「8月のQE終了を支持、利上げには柔軟」
「今年の利上げが必要かはさらなるデータが必要」
「引き締め方向に向かっていることに疑いはない」

ウクライナ国防省
大規模な状況悪化の可能性は低いと想定している

欧州安全保障・協力機構(OSCE) の米国大使
「ロシアがウクライナ侵攻の口実を作ろうとしていることを認識」

プーチン露大統領
「ベラルーシでの演習は防衛的なもの。誰かを脅かすものではない
「ロシアは米国の安全保障案を協議することは反対せず」

エバンズ米シカゴ連銀総裁
「インフレ圧力は明確に抑制されている」
「FRBは進展を注意深く監視する必要がある」
「金融政策には大幅な調整が必要」

ホワイトハウス
「バイデン米大統領は米東部時間16時(日本時間6時)にウクライナ、ロシアに関する最新情報を説明する」

欧州中央銀行(ECB)
ECB理事会メンバーが24日にパリで非公式会合を行う

ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁
高インフレや力強い雇用の伸びを踏まえ、3月に利上げを開始するのは適切
その後のステップは保有する国債や住宅ローン担保証券の縮小。そのプロセスは今年後半にも始まる見通し
「FRBは必要に応じて利上げペースを速めたり遅らせたりすることが出来る」
来年末までに2%から2.5%のより正常なFF金利への移行は合理的
「FRBは必要に応じてMBS売却が可能。ただ、決定は下されていない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND