2月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 2月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年2月3日

2月2日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ジョーダン・スイス国立銀行(スイス中銀、SNB)総裁は、スイスフランに対する上昇圧力を抑制するためには為替介入とマイナス金利が不可欠であると発言

・外交担当トップの楊・共産党政治局員が「中国が米国と協力して、紛争、対立、相互尊重、双方にとって好都合な協力の道に沿って関係を前進させる準備」と発言したことで米中対立への懸念後退につながり豪ドル上昇(RBA理事会前)

・豪準備銀行(RBA)は市場の予想通りに金融政策の現状維持を決めたが、声明で「現在の債券購入プログラムが終了する4月中旬以降、1,000億豪ドル追加購入することを決定」と公表、金利も3年は据え置くと強調したことで豪ドルは売りが優勢に

・ゲーム専門店のゲームストップなど個人の投機的な買いで高騰していた銘柄が大幅に下落

・ユーロドルはネックラインとなっていた1月18日の安値1.2054ドルを下抜けると断続的にストップロスを巻き込んで、一時1.2012ドルと昨年12月1日の安値まで下げ足を速め軟調地合い

・イタリアではドラギ前ECB総裁が次期首相筆頭候補となっているとの一部報道

・バイデン米政権による追加経済対策への期待も相場を押し上げ、ダウ平均は一時620ドル超上昇

・1月のOPECの産油量は7カ月連続増加したものの、増加幅は市場予想を下回り、需給不均衡に対する警戒感が後退しWTI原油価格は続伸

 

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


2月3日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

2月3日7:00時点

 

 

 

 

 ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート

 

 

 

 WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ボスティック米アトランタ連銀総裁
「今後6-9カ月の動向とコロナワクチン普及に注目」

コリンズ共和党上院議員
バイデン大統領との協議は合意に至っていないが話し合いは今後も継続

バイデン米大統領
「共和党上院議員らとコロナ対策で実質的かつ生産的な協議ができた」
共和党議員の提案では緊急の課題に対応できない部分多いと指摘
「超党派の支持により自らの対策案が可決されることを願う」

外交担当トップの楊・共産党政治局員
「中国と米国の両方に、予測可能で建設的な開発の軌跡に関係を戻すことを求めている」
中国が米国と協力して、紛争、対立、相互尊重、双方にとって好都合な協力の道に沿って関係を前進させる準備
「中国の発展を妨げる力はない」

オーストラリア準備銀行(RBA)声明
「実際のインフレ率が目標の2-3%の範囲内に持続的に収まるまでは利上げしない」
「賃金の伸びを現在よりも大幅に高める必要があり、そのためには雇用が大幅に増加し、引き締まった労働市場に戻ることが必要」
利上げの条件が満たされるのは早くても2024年と予想
「現在の債券購入プログラムが終了する4月中旬以降、1000億豪ドル追加購入することを決定」
「現在と同様に週に50億豪ドルのペース」
景気回復は順調に進んでおり、当初の予想を上回る勢いで推移
「GDPは今年半ばには2019年末の水準に戻ると予想」
「為替レートは上昇しており、近年のレンジの上限に位置」
債券購入プログラムの延長決定は、金融支援の継続を確実なものとする

シューマー米民主党・上院院内総務
「米経済対策を小規模にする過ちは犯さない」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND