2月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 2月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年2月22日

2月21日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・ウクライナ東部の親ロシア派「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の指導者はこの日、独立国家として承認するようプーチン大統領に要請し、プーチン大統領は「ウクライナは傀儡政権であり、アメリカの植民地」と発言しウクライナ東部の親ロ派の独立を承認した

・一部報道でプーチン露大統領はウクライナ東部の親ロシア派地域で平和維持活動を命令したと報道されたことでリスクオフが進み円高・フラン高・ユーロ安が進み、安全資産である金に買いが入った

・ロシアに対し制裁の警戒が高まり原油価格は94ドル手前まで上昇している

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 


2月22日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


2月22日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

ホワイトハウス
「(米仏首脳会談)ロシア軍の増強めぐり、外交や抑止について協議」
「バイデン米大統領はプーチン露大統領との首脳会談を原則合意」
「ロシアは近々のウクライナへの全面攻撃を引き続き準備している

フランス大統領府
「米露首脳会談、ロシアがウクライナに侵攻しなければ開催は可能
「米露首脳会談を原則的に受け入れ」
「首脳会談の内容は米露外相が準備」

ロシア大統領府
「米露首脳会談の具体的な計画はまだない」

ロシア軍当局
「ウクライナの破壊工作員によるウクライナ・ロシア国境の突破を阻止した」
国境を越えようとした工作員5人が殺害された

ウクライナ軍
「ロシアへの国境襲撃の失敗に関するロシア軍当局の主張はフェイクニュース」

プーチン露大統領
「ドネツク、ルガンスクからの独立承認要請にどう対応するかを決める必要がある」
「ロシアの安全保障要求について、米国の姿勢に変化があったと仏大統領から聞いたが、それが何であるか分からない」
「ウクライナ東部の親ロ派の独立承認問題を本日決定する」
ウクライナは傀儡政権であり、アメリカの植民地
「ウクライナは自身で核兵器を開発する計画」
ウクライナ東部の親ロ派の独立を承認

ラブロフ露外相
「安全保障に関する西側との協議は進展が見られる」
「米国との外交努力は継続すべき」
「NATOの東方拡大停止を訴え続ける」
「ブリンケン米国務長官と24日にジュネーブで会談を行う予定」
「ドイツはウクライナ指導部に圧力をかけ、より建設的な立場をとるよう促すべき」

フローデン・リクスバンク(スウェーデン中銀)副総裁
「利上げが必要で効果的であれば、躊躇なく利上げを支持」
「1月の基礎インフレ率は意外な結果」
「必要であれば金融政策を変更する用意がある、またそのつもりである」
「インフレ圧力はまだ控えめ」

OECD(経済協力開発機構)
「メキシコGDP、2022年第3四半期にパンデミック前の水準に達する可能性」
「メキシコGDP、22年に2.3%、23年に2.6%成長すると予測 」
「メキシコのインフレ率は22年から23年を通して低下する見込みだが、不確実性は高い」
「インフレ率が3%目標に収束しない場合、メキシコ中銀のさらなる段階的な利上げが正当化」

ボウマン米連邦準備理事会(FRB)理事
インフレは高すぎる
3月の利上げを支持する
3月の利上げ幅を判断するためにデータを厳密に監視する
「FRBは今後数カ月でバランスシート縮小を開始する必要」
「金融引き締めにはさらなるステップが必要になる可能性」
3月FOMCで0.50%の利上げが必要かどうかに言及するには早すぎる
FOMCでは0.25%または0.50%の利上げが議論される可能性
「ウクライナ問題はエネルギー市場に大きな影響を与える」
「FRBは世界の金融情勢を注視」
「FRBはウクライナ情勢に細心の注意を払っている」

ビルロワドガロー仏中銀総裁
「利上げ実施日を今すぐ決める必要はない」
「従来の資産購入プログラム(APP)は第3四半期前後に終了するべき」

ラトビア外相
プーチン露大統領がウクライナ分離派の独立を承認したため、直ちにEUはロシアに制裁を科すべき

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND