2月26日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 2月26日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2021年2月27日

2月26日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・イラクの米軍に対するロケット攻撃を受けて、バイデン米大統領がシリアのイラン支援民兵への空爆を命じたというAP通信報道

・前日の米国株式相場が米長期金利の急騰を受けて大幅に下落したため、東京市場でもリスク回避目的の売りが優勢となったことに加え、月末を控えた持ち高調整売りも重なり日経平均株価は大幅反落、1200円超安の安値引けとなり、下げ幅は2016年6月以来の大きさとなった

・市場では「米連邦準備理事会(FRB)が年内に資産購入の減額を議論するとの観測が高まっており、パウエルFRB議長の緩和継続姿勢に懐疑的になりつつある」との声も聞かれダウ平均が一時490ドル超下落

・米10年債利回りが前日に一時1.6085%前後まで急騰したことを受けてドル買いが継続

・原油や銅など商品相場の下落を背景に、資源国通貨が軟調に推移し、豪ドル米ドルは一時0.7693米ドル、NZドル米ドルは0.7223米ドル、米ドルカナダドルは1.2749カナダドルまで米ドル高に振れた

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


2月27日7:00時点

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 


2月27日7:00時点

 

 

 

 

ダウ平均日足チャート

 

 

 

 S&P500日足チャート

 

 

 

 ナスダック日足チャート

 

 

 

 日経225日足チャート

 

 

 

 日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 米10年債利回りチャート

 

 

 

 日10年債利回りチャート

 

 

 

 ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 ドルインデックスチャート

 

 

 

 VIX指数チャート 

 

 

 

 

WTI原油価格チャート

 

 

 

 金価格チャート

 

 

 

 

 銀価格チャート

 

 

 

 

 銅価格チャート

 

 

 

 

 鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 材木価格チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

 

オアRBNZ総裁
緩和的な金融政策は長期に渡って変更せず
必要ならばマイナス金利などさらなる緩和策を講じる可能性

米国防総省
米国はシリアで防衛空爆を実施した
「イランが支援する過激派グループが使用する国境管理ポイントの複数の施設を破壊」
「空爆はシリアとイラクの紛争をエスカレート解除することを目的

黒田日銀総裁
「政策点検、方向性言えないがこうかや物価低迷の理由など議論」
コロナ禍でイールドカーブを低位安定させることが大事
「これ以上の金融政策でできることは何もないとは言えない」
「日本経済や物価は下向きのリスク」

シュナーベルECB専務理事
名目金利の変化は注意深く監視する必要
「利回りの上昇が成長を損なう場合は、ECBは追加サポートが必要かもしれない」
名目利回りの上昇がインフレ期待を反映している場合、それは歓迎すべき兆候
「長期金利の上昇は回復を損なう可能性がある」

ホールデン英金融政策委員会(MPC)委員
「インフレ率の高止まりを予想」

ロシア外務省
「(米軍のシリア空爆)行為を非難、シリアの主権や領土保全を尊重すべき」

ラムスデン・イングランド銀行(英中銀、BOE)副総裁
「利回りの上昇は経済を巡る好材料を反映している」

ストゥルナラス・ギリシャ中銀総裁
「ECBはパンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)を加速する必要」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND