2月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

TOP > ファンダ記録室 > 2月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

2022年2月5日

2月4日の記録室 ~株価と金利と要人発言~

記事を書いた人:岡ちゃんマン

 

◎昨日の注目点

 

・1月米雇用統計で非農業部門雇用者数が前月比46.7万人増と予想の15.0万人増を大幅に上回ったことが分かると、米長期金利の上昇とともにドル買いが活発化

・1月非農業部門雇用者数の大幅増に加え、昨年11月と12月の雇用者数も大きく上方修正、前回の修正+30万人、前々回+40万人と合わせて約70万人の上方修正となった

・平均時給が前月比0.7%上昇/前年比5.7%上昇と予想の前月比0.5%上昇/前年比5.2%上昇を上回ったことで、米10年債利回りは一時1.9338%前後と2020年1月以来2年1カ月ぶりの高水準を付けた

・前日の欧州中央銀行(ECB)定例理事会とその後のラガルドECB総裁の会見を受けて、ECBの年内利上げ観測が強まりユーロ買いが続いた

・米中部・北東部が暴風雪に見舞われており、主要なシェールオイル産地が生産停止に陥るとの懸念が浮上し、OPECと非加盟の主要産油国で構成する「OPECプラス」が追加増産を見送ったことも依然として材料視され原油価格は上昇し一時93.17ドルと2014年9月以来の水準まで上昇

・金先物相場は1月米雇用統計が予想より強い結果となったことを受け、外国為替市場でドル買いが進むと、ドル建ての金の割高感を手掛かりにした売りが先行、一時は1792.1ドルまで下押す場面も見られたが昨日安値の1788.5ドルがサポートとして意識されると、週末を控えた持ち高調整の買いに支えられてプラス圏を回復

 

 

 

 

 

◎昨日の主要通貨強弱グラフ

 

 


2月5日7:00時点

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の株価

 

 


2月5日7:00時点

 

 

 

 

 

 


ダウ平均日足チャート

 

 

 

 

 

 

 


S&P500日足チャート

 

 

 

 

 

 


ナスダック日足チャート

 

 

 

 

 


日経225日足チャート

 

 

 

 

 

 


日経500日足チャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎各国長期金利

 

 


米2年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


米10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


日10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ドイツ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イタリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


スペイン10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ポルトガル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ギリシャ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


イギリス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


フランス10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


トルコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


南ア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ブラジル10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 


メキシコ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


カナダ10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


オーストラリア10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 


ニュージーランド10年債利回りチャート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◎商品先物・インデックス先物

 

 


ドルインデックスチャート

 

 

 

 

 

 


VIX指数チャート

 

 

 

 

 


WTI原油価格チャート

 

 

 

 

 


金価格チャート

 

 

 

 

 


銀価格チャート

 

 

 

 

 


銅価格チャート

 

 

 

 

 

 


鉄鉱石価格チャート

 

 

 

 

 

 

CRB指数チャート

 

 

 

 

 

 

 

◎IMM通貨先物ポジション

 

 

FOREX WATCHER参照

 

 

 

 

 

 

 

◎昨日の要人発言

 

黒田日銀総裁
「(物価低迷は)日本企業の慎重な価格設定スタンスが最も大きい
「賃金・物価ともに上がらないと2%達成は難しい」

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)
「2021年10-12月期の運用収益は5兆4372億円(+2.81%)、運用資産残高199兆2518億円」

フランス大統領府
マクロン大統領は7日にロシア、8日にはウクライナを訪問する予定

ベイリー英中銀(BOE)総裁
我々がすべきことは物価の悪化をふせぐこと
「賃金抑制なしでは、インフレは制御不能になる」
「インフレを目標値戻すためにすべきことは全て行う」
「ペースの遅い成長期間に入るだろう」

ミュラー・エストニア中銀総裁(ECB運営評議会メンバー)
ECBは必要なら近い将来、計画を調整する準備がある
国債買い入れを終了する速度について見直す可能性

独政府高官
ショルツ首相は再来週にロシアとウクライナを訪問
「ロシア/ウクライナ問題ではフランスとしっかり連携する」

中国ロシア共同声明
外交政策において互いに支援しあう
「ロシアはいかなる形であれ台湾の独立に反対」
「NATOのさらなる拡大に反対する」
「NATOに冷戦時代のアプローチをしないように要求」

ピル英中銀金融政策委員会(MPC)委員兼チーフエコノミスト
さらなる緩やかな引き締めを予想
「インフレは2-3年で目標を下回る見通し」
「2023年の賃金上昇率に固執していない」
今後数カ月の賃金は上昇していくだろう
「労働市場はさらに引き締まる可能性」
「積極的に利上げをするとは予想しない」
「実質賃金の上昇は緩やかだと予想」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RECOMMEND